劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

横浜メリケン=どん底 配役表

このブログのアクセス解析で、ここ数日 「横浜メリケン どん底 役名」
という検索ワードがいくつも登ってくるようになりました。

あ、そうかそうか、『どん底』 で言うどのキャストだったかを知りたいのね。

確かにね~、初めの頃あたしも原作と台本の比較読みをするときに、
ここが分かりづらくて難儀しましたもの。


なわけで、メリケンとどん底の対応キャスト表を作ってみました。

クレジットの並びは、レイアウトの都合上一部入れ替えてますが、
縦に見ていっていただくと、ほぼ登場順(台詞の発言順)にしてあります。

あんまり長くなっても見づらいので、
モニターの縦比に合わせて2枚に分けました。


e0231158_18291714.jpg

                       ~*~・*・~*~

e0231158_18292963.jpg

こう見ると壮観な人数ですね。(笑)
こんなに出てたのに、あたしが絡めた人はほんの数人。

同じ場にいながら三田村さんとも二人でシーンをがっつり作るような機会はなく、
あやさんとなんて乱闘シーンで初めて会っていきなり掴み合い、みたいな。(笑)

でもみなさんそうだったみたい。
まんべんなく誰ともお話していた役は、、無かったのかもしれない。

一場ものなのに、それぞれの社会関係?が、
くっきりブロック分けされた芝居だったのですね。

やっていても、全員で一丸となって手を繋ぎ合うようなノリではなく、
どこかいつもドライな個人主義感が透徹されていたのは、
畑の違う俳優陣の集まったプロデュース公演という以上に、
この戯曲の構成がそうさせていたのかもしれないと、今、思いあたってますね。

色んな人がいたなあ。

あたしも追い詰められるとすぐ感情的になっちゃうし、
それ以上に自分の芝居を演ることで必死で、人を庇ってあげたりとか、
できなかったし。。
それもまた、皆それぞれ自分に感じていたみたいでしたけど。

体力とともに胆力というものについても、深く考えさせられている千秋楽後です。
その問いが、この芝居で得られた一番の財産だったかもしれません。

苦しいのはヤダけどさ、苦しみは進歩の母なのかもしれないね。

その進歩のために、
今はひたすら安楽追求中だけどね~。(笑)






















[PR]
by rosegardenbel | 2014-01-30 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ