劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

残りのひと夜





刻々と、時計の音に迫られてきています。

明日から稽古です。




現場が密になってくると、私生活も役にのっとられるタチなんで、
一ヵ月後ぐらいには、別人になっているでしょうか。(笑)

まあ、この役者はソコ、行けなかったらかなりヤバいんで、
それはあらまほしいことなんですけど、オフの最後の、このひと晩は、
チョットお名残り惜しいかな。




こんな心持ちも、今までなかった気がしますねぇ。

いつからだろう、オンとオフが、自分の中でくっきりと分かれるようになったのは。

それまでは、オフって必要なかったんです、
というか、期間はオフでもスイッチは入れっぱなしだったんです。




見るもの聞くもの、読むもの作るもの、することも考えることも、
たぶん恋も、
すべてが芝居の許にあり、芝居のことだけで塗りつぶされた生活。

それが最良の喜びだったし、最高の贅沢やれてると思ってた。









ああ、そうですね、考えてみれば、
その気持ちのままだったら、RYOKOなんて新しいフィールドに踏み入ることも、
しなかったと思う。

人生の残り半分、ということを意識するようになってから、
急に、役者じゃない自分も、ちゃんと確かめたくなったのかもしれませんね。




まえの自分を眺めると、あーなんてピュアだったんだろうと思うし、
失ったものも---まあ、ピチピチ感とか(笑)、それは確かに多いけど、
でもね、

今の自分は、あたし、今まででいちばん気に入ってますよ。

それは豊かな、あふれだしそうな潤いで満たされてるの、感じられて。。。




こういう、安らぐような----身体の内側で何かが光っているような、感覚、は、
なかったですねぇ、かつて今まで。

オトナになるって、素敵なことです。

お嬢さんがた、はやぐこっちさいらっさい。(笑)



いや、ホントよ、大丈夫だから安心して。

すごくいいから、こっちの世界。
ラク、ラク。

みんなを愛せるの。









それは……自分を愛してくれているひとがいる、って悦びをくれた人に、
会えたから、いや、やっと気づいたから、かもしれませんね。

愛されてるって思わせてもらえるのって、こんなに大きなことなんですねぇ。。。




それが錯覚だったとしても、そう信じさせてもらえれば、いい。(笑)

まるで魔術師。
そういう人って。

だって、人間ひとりの心持ちを、いかようにでも変えられるんですヨ?




信じ合えてる、って信じられたら、
待つでも進むでも耐えるでも、苦しいことを、むしろ愉しめたりして。

そうしてその負荷は、そのまま、自分の愛情の証しになったりもして。




そういう鎮めができると、何か善なるものを、いっぱいやれそうな気がしてくる、
やりたくなってくる。

あたしも、誰かのそういう人に、なりたい、なれてたらいいな、って。




“人を変えることは出来ない”というのに、
愛情というジャンルだけは、易々とこれを越えていってしまうんですね。。。

だから子どもとか、すごくすごく愛してあげて欲しいナ、
いっぱいハグして、すっぽり可愛がってあげて欲しい。









ああ、そうね、だからみなさん、恋しましょう!(なんだいきなりっ・笑)

いやいや、笑い事ではないでしょう、これほど人を変容させるものは、
ないですものねぇ、実際。

片思いとか、或いは裏切りという災厄であったとしても、
これは当てはまると思いますよ、あたしの本音で言えば。




自分をしあわせにして、ではなく、その人をしあわせにしたい。

それがあれば、愛の問題は越えていけると、やっぱり思います、あたしは。




見受けるに、成長意識の強い人(いわゆるしょっちゅう脱皮したいヒト?笑)って、
そうとうな色恋地獄をやってても、
結局、自分もまわりも、しあわせにしている人が多い気がします。




許すチカラ、それから、許されるチカラにも、長けてるってことなのかしら。

そういう人に会ってしまうと、かなわないですよね、
ヒトたらし。(笑)




許されるチカラ、ねぇ。。。

これが身につくと、身軽になっていきますよね、
人にも自分にもストレスあたえない、ね。

深い愛欲をやりながら、どんどん純化されて、そこに行ける。

そんな女になりたいですねぇ、ぜひとも。









…でも、純化させるのは、自分じゃなく、相手、なんだろうな。

自分がきれいになっていけてたら、
それは、相手の器が大きいってことなのかも、、、と思います。

だって、疑いをもたずにいさせてくれてる、ってことだから。




愛を死なせるのは、疑いですよね。。。

失うことの怖ろしさも、震えるほどこわいけど。

失いたくないなら、何も疑わないことしかないんだと思う。




ほんと、どこにでも転がってるんだもの、疑いって、
愛されていたとしても。

こんな自分が惚れられるはずがない、とか、
こんなことが続くわけがない、とか、もしかして引かれた?とか、




そんな怖れが、実現しなかったはずの未来を引き寄せてしまう。

それは、だめだめ。

自分から壊してしまうなんて、だめ、、、ぜったい。




だから、馬鹿な方がいいんですよ、きっと。(笑)

やみ雲に信じる、そのときが来るまで、絶対に何ひとつ疑わない、
それが愛の証し。

そのぐらいの気強さと、単純さで、いた方がいいんだと思う。




それも、とてもな闘いですけどね、自分との。

でも、一度疑ったものを越えていくって、それよりもっと大変だから。




まだ知らない運命のページには、本当に脅えるけど、
それに負けちゃだめだ。

愛しているなら、ね。









って、あれ?なんか話ズレたか。(笑)

ま、そんなこんなで、今日の戯れ句はあんな感じになりました。

刹那を、やりきれたらいいなと。

本気でね。




そう、本気が、ほんものの愉しさを呼ぶんですものね、何につけ。

つらい苦しい憎らしいも、もうはやその土俵から降りて眺めれば、
あれほど生きてた時間はなかったなぁと、思うと思うんですよね。




本気かければ、誰にどう見られるかなんてことも、二の次になっちゃったりする。

そういう愚かしさが、あたしは愛しいですね。。。




どこでどう途切れるか、ご縁なんて、明日のことなんて、
わからないんですものね。

さみしいけどね。

もっとも、先を憂えるのは、色恋沙汰では媚薬だったりもしますけど。(笑)









うたかたでも、かけた気持ちが本物なら、一生忘れない。

そういうもの、あげたい、惚れたひとには。




やらなきゃならないこと、護らなければならないこと、ひとも、か。

それを引いた残りの刻は、純に、艶に、本気。

お互いに。

そんなこと、したい。

それだけでいい。。。けど、、、
あいたい。。。







って、ちょっとどーよ、今日イイ女じゃないですか?あたしっ。どう?
どう?どう?どう?(きょ、強要するなよ)

なんで気づかないかな、世間はもお。(ー、ー)

だから、恋は遠い日の花火・・・ってうるさいわい、分かってるわいっ。



オフの残りのひと夜なんだから、妄想ぐらい好きにさせてっ。(笑)








        
[PR]
by rosegardenbel | 2010-10-13 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ