劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ちょっと萎えまして…  

                      *  *  *
  


あまりマイナーな日記は、なるべく書くまいと、
してはいるのですが、ちょっと今回は、思うところがあり。。。

いや、今、週末から落ちちゃってまして、ってまあ、例のアレ、ですけど。

また発病というか、発症しました。

この身体は、、、どうしていつもこう急変するんでしょう、
いきなりニッチモサッチモ行かなくなって、、、ほとほとイヤになる。



どの症状も、外出ができなくなるだけで、他はこのとおり元気なわけで。

そこに非常な不安を覚えるわけです、
発症自体も腹立たしくはありますけど、それ以上に。

この、出かけられないという頻度が、あまりにも高いのが、、、

もはや、人さまからの信用を、完璧に失ってるよなと。。。



昨日ね、義理のある人の芝居にいく予定だったんですけど、
またもスルーということになり。

それでね。

もおおお、またかよっ、と、自己嫌悪の嵐、ふきすさび、悲しさ、きわまり。(笑)

って、笑いごとじゃねんだよ。
なぜ、こういうときにかぎって出るんだよぅ、嗚呼。。。。。。(_ _|| )

今回は、なんだかいつも以上に落ちちゃいましたね。



どんどん孤独になっていくなー。
なんてな。

自分が、どれぐらいの人と、どれぐらい親愛関係を築けているのか、
わからない。。。

自分は好きでも、こんなことじゃ、もう相手にしてもらえてないと思うし。

でも、ほんとに、出かけられないときは出かけられないんだよ。
嘘でなく。



病む人間の気持ちは、丈夫な人にはわかってもらえないから……

それは当然なんです。
その方が幸せなことだし、大局的には。

調子いいときには、それこそ調子にノって調子いいことしちゃうから、
よけいに、
いきなり具合悪くなったっていっても信じてもらえるわけないんだし。

この問題には、もうここ5年ばかり、本当に悩まされていて。



でも、わかってきた。

義理を果たすから人望が生まれるわけじゃないんですね。
それはほんの一断面。


たぶん、愛されてれば、不義理なんて大きな問題にならないんだな。


人さまが勝手に愛してくれるわけはないんで、
結局は、自分が普段、なにを提供しているかという、そこなんですね、、、
そうですよね。。。

それに気づいたら、ちょっと元気が復活してきました。

よかった。



なにせ、この異様に落ち込むことが、発症原因のひとつでもあるので、
いーかげんなタチになる、っていうのは至上命題で。

でもね、あたしにとって、いーかげんは、
とことん追ってからでないと、手に入れられないんです。

ちゃんと自分の腑に落ちないと、こんな当たり前のことでもできない。

損な性分です。

でもたぶん、5年前よりは、一歩ぐらいは進めた、と思えた、今日。

ほんと、よかった。
ちょっと夜明け。(笑)



不義理をしてしまった皆さま、たぶんこれからしてしまうだろう皆さま、
本当にごめんなさい。

何も、良さげな約束はできないのですが、
あたしに出来ることを、さしあげたいと、心から思っています。

これは、いーかげん発言じゃありません。(笑)



あー、そろそろライトにかっこよく、風のように生きたいなあ。。。





                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2010-06-14 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ