劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

キたっ!シンクロニシティ!  

              *  *  *

      それは美しい女性たちとのお酒にでかけて、
      それは素敵な時間をすごせた、魅惑の晩、
      帰ってきたら、すごいことが待っていました。





シンクロニシティって、ご存知ですか?

科学的因果関係がまるでないのに、
連関した現象が、突飛な形で発生するという、いわゆる偶然の一致。
なんだけど、実はそれは、“必然の一致”なのだ、

という、ユング心理学の考え方です。

たいがいの場合、現実世界か精神世界か、どちらにしろ、
人に、何か変化をもたらすまえぶれ、もしくは意味や気づきのお知らせ、
として現れるもののようで、
ゆえにユングは、必然の一致、と結論づけたわけです。

あたし、実はけっこう、この体験が多かったんですけど、
この晩、ひさびさに遭遇したのです。

それがあまりにもクリアな現れ方だったので、ビックリしてしまいました。

06年の秋に、楽天団に出演した時の戯曲『エクスタシー』の、
作家さんに関わるお話です。

マージェリー・フォードさんという、オーストラリアの女優さんで、
あたしは、エクスタが終ったあと、翻訳家の須藤鈴さんを通して、
長くあたたかなメールの往還を、一度だけ交わしていただいていました。

あたしにとっては、とてもとても大切な、
けれど、たぶんお会いすることは叶わないので、
今は、とこしえの夢の国に住むひと、といった存在のかたです。

れいさんも、マージェリーさんとの交流は、
以来2年間、自然の流れとしてフェイドアウトしていました。

今回のシンクロニシティは、
そのれいさんのメールボックスを舞台に起きました。

このところ、先ごろの楽天団の独り芝居をテーマに、
れいさんと、メールで意見交換を深めていたのですが、、、

********

偶然と言うか、運命・不思議な繋がり?と言うか…

アン、エクスタシーについて書かれた
りょーこさんからのメールを読んだ直後、
Hotmail にフォード夫妻からのメッセージを発見!

内容は2月に和田さんからもらったDVDを観て、
役者も演出も素晴らしかった!
というお礼メールでした。

ちなみに今になってやっと観れた理由は、
マージェリーさんが4月に大きな骨折をしてしまったのと、
お母様の具合が良くなかったみたいです。

このタイミング、何だろう…。

今日お送りしたマージェリーさんへのお返事に、
「面白いことにりょーこさんから、
 エクスタシーでの経験について書かれたメールを
 いただいたばかりだったんですよ」
と書いたら、りょーこさんへのメッセージをいただきました。

夫妻は、りょーこさんのアンがとにかく beautiful だった、
りょーこさんの演技にとても感動した、
とお伝えください、とのことです^^

でも確かにりょーこさん自身、そしてりょーこさんの周りは、
何か色々と、ずーっと動き続けていますよね。
エクスタシーでお会いして以来ず~っと。

何かどかーんと来るのでしょうか…楽しみですね^^



********

えーーーーー!
なんだろ?なぜ?

びっくり。
シンクロニシティだ。。。

夕べ、忘年会から帰ってきてこのメールを読んでから、
このことのみに頭を占領されて、
ロジックな思考展開ができなくなっちゃった。。。

それで、返信するのに一昼夜を要してしまった(笑)

不思議だねぇ~。

でも、うれしい、、、ね!

エクスタに触れるときは当然、
いつもマージェリーさんのことは考えるのだけど、
この前の熟女呑み以来、どうされてるかなぁ、って、ずっと思ってて。

たぶん、お会いできない人のままだけど、
マジェーリーさんも、どこかで思い出してくれたらいいな、とか、

でも、普通はもう遠いことだよな、とか、

この、見も知らぬ異国の人と、大事なものを共有してる、
そういうご縁を、あたしは持ってるんだなあという巡り合わせ、とか、

うん、確かにずっと、
マージェリーさんを思って、ヤケに胸がさわいでたんだよね。

それでこの前のメールに、つい、エクスタのことを書いちゃったんだけど、
そもそもは、そんなわけでマージェリーさんのことの方が立ってたのね。

ウィンドミルがテーマなのに、
結局、自分の話に持ってっちゃってるみたいで、なんか浅ましいかなぁ、
って、
エクスタについての文は、何度も消そうと思ったんだけど、

なぜだか、ほんとにそうする気にはなれなくて、そのまま送ったので、
妙にそのことが気になってて。

そしたらコレだもの。

え、同じ時期に、同じことに思いを馳せてたんだ、
と思ったら、
なんか、軽くあたま打たれたみたいな、目眩っぽいショックを受けてます。

・・・解析は、できないよねぇ。

なんだろ、頭ぐるぐるしてるよ(笑)

シンクロニシティって、意味があるから(あたしはユング派です)、
なんとか読み取ろうと思うのだけど、わっかんない、
まだ及びもつかない。

何に結びつくんだろう。。。

でも、れいさんが同じように、え……と思ってくれたことが、
心強く、うれしく、だよね?だよね?って感じで、あったかい♪

素敵だね。

うん、ともかく素敵だよね、あたしたち素敵な目に遭えた。
それ、すっごいうれしいネ!

 > でも確かにりょーこさん自身、そしてりょーこさんの周りは、
 > 何か色々と、ずーっと動き続けていますよね。
 > エクスタシーでお会いして以来ず~っと。

ほんとだね。。。
エクスタ前と後では、ずいぶん違う、人間が。
おのれのことながら、そう思う。

今回のことは、絶対つながってるのは分かるんだけど、、、
なんだろ、
この連鎖のしめなのか、何か新しいページのはじまりなのか。。。

止まるぅ~、思考できないぃ~(笑)

・・・もし、やりとりがまだあったら、

あたしは『X-Stacy』に出会ったことで、
実際に、周囲の人の顔ぶれとか、自分の考え方とかも変わって、
その連鎖によって運命が開かれて、
人生が新しいページになったということ、

今の自分を、前の自分より好きだと思えていて、
もっと立派な人になりたいと、本気で思うようになれたほど、
自分を信じられるようになったこと、

そして、お会いできる運命が待っていたら、いいな、と、
そんな日に憧れていること、

などを、お伝えいただければ、、、

この作品を生み出して下さってありがとうございますと、
今、この不思議なシンクロをいただいて、
心から、あらためてマージェリーさんにお伝えしたい御礼です。


ごめんね、なんか支離滅裂だよね。

そんな思いを寄り添わせて、今回のことを考えながら、
忘年会2晩目にいってきます(笑)

ありがとう、れいさん。

                      りょーこ

********

説明するのがむずかしかったので、メールをそのまま載せちゃいましたが、
あるんですねぇ、こういうことって。。。

なんか、なんとも言えぬ、不思議な、
ちょっとゾクッとするような、しん……とするような。

あの、冷静で思慮深いれいさんも、猫のようにハタと立ち止まった。

それが、だから、この大きさの証明で、
かなり、いてもたってもいられない気持ちになりました。

エクスタのことは、心には常にあるけど、
話題にしたのは久しぶりだったのに……。

何のお知らせなんだろう。

・・・あの頃、あたしはこれ以上、芝居を続けられないかも、
と思っていて。

自分にとっての芝居って何なのか、分からなくなっていて、
なかば鬱状態の、心の嵐に自分を見失っていたさなかだったんですね。

『エクスタシー』に出会ったことで、本当にすべてが、
息をふきかえし、世界に色をとりもどすことができたんです。

だから、『エクスタシー』と、それを生み出され、
あたしの手紙に、きれいな涙を流して下さったマージェリーさんは、
特別にプレシャスな、忘れじの作品、忘れじのかた、だったのです。

あれからの2年は、本当にしあわせでした。

今年の終わりになって、こんなことが起きるなんて、
ギフトというにはあまりにも、驚きにみちた出来事すぎて、
時か、演劇か、神さまの手を感じてしまいます。

まだその意味は、はかれないけれど。
確かにシンクロニシティである以上は、
漠然としたことへのシグナルではない、それだけは分かっているので。

……思い当たるとすれば、ひとつ、今、あるにはあるのだけれど。

間違った選択をしようとしているのだろうか、あたし。
遠ざかろうとしていることに、もういちどあゆみ寄っていけと、
まだ、離れてはならないと、教えているのだろうか。

それとも、全然べつの何かのはじまりを知らせているのだろうか。

ただ、もう一度、『エクスタシー』のことを考えてみなさい、
と言われているのだけは、確かなんですよね。。。

なんでしょう、何が起きるんでしょう。

解かるまで、シンクロニシティは何度も起こるものだから、
ちいさな偶然も見逃さないようにしていかなくちゃ。

普段の、明日へのワクワクとはまた違うひとつ見定めたところで、
明日からがたのしみになりました。

ほんとうに、思い込みでなく、あれは運命の芝居、
とまで言ってしまっていいものだったのかもしれない。。。

だって、こんな、ちょっと、捨て置けないものがついてきてしまった。

ああvvvvvv、よく分かんないけど、が、がんばります。
てか、もしかしたら、変化はれいさんにで、あたしの方が立会人だったら、
無駄なむしゃぶるいなんだけどー(笑)

来る年が、チョ~ット、楽しくなってきました~。


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-12-29 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ