劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

おばま弁天小道具藩

              *  *  *


              版画:高橋本栄

おばま・・・若狭の国は小浜藩のことではありません、
たぶん今、世界でもっとも注目を集めている、米の国のあの方です。

黒船だぁ!にも、いぶし銀の脇役として特別出演していただいたのは、
ご覧になったお客さまのご記憶にも、
あざやかに残っているのではないでせうか。

おねみが、蔵破り(たぶん江戸城!)の戦利品として持ちかえり、
いとしの源内先生に渡すつもりが、
先生の戦さへの姿勢に決定的な疑問をもったことで、
世界平和の人おいね先生に託すことになった、あのあめりか国の書物、
『TIME』。

そこで顔アップばばん!の表紙になっていた方が、おばま氏でございます。
このキャスティングをしたのは、何を隠そうわたしです!!(鼻息っ)

いやほら、小道具藩だからサ~、丸諒。
それだけの話なんですけどね。(ぽりぽり)

台本には、あめりか国の書物、としか書かれていないんですけど、
初演から、こりゃタイムもしくはライフ、ニューズウィークだろう、
ということで、崩していないラインなわけですよ。
んで、この表紙のデザインは丸諒まかせなんです。

実は丸諒の今回のお仕事の中で、いちばん楽しかったのがこの書物作り。

なんたってお客さまには、今が2008年だってことを、
はじめてビジュアルで分かってもらう場ですからね。
ふだんはさりげなさを信条にしている持ち道具が、めずらしく、
強烈ないんぱくと発揮をもとめられるワケですから、
作製にも力いれましたよ。

丸諒ははじめっから、おばまさんに出てもらう!
と決めてたんです。
今年の世界の顔といえば、このお人以外ないでしょお。
でもね、あくまで丸諒とお客さまの間でのたのしみで、よかったんです。
あ~、と思っていただければ、ニマ♪って感じで。

それが今回は、気がつきゃ大きくクローズアップ。
おけいちゃんの、「ずいぶん日に焼けた人ですね」
なんてギャグゼリフにまでなっちまって、、、

うれしかったですね~。
久々に、小藩たりとも一国の藩主としてのよろこびを、
噛みしめました~。(-_- )…しみじみ

今回はしかし、たのもしい助っ人さんいっぱいの参入で、
ほんっと有り難かったんですよぉ。
甚太おざぴーと、茂助わだっき、おけいちゃん佳奈ちゃん、おとめポンも、
丸諒の仕事の大半にかかわってくれましたよ。

そーでなかったら、
ええじゃないかで使う巾着カゴいっぱいの銀ビラと3000枚の太神宮御札、
富くじの弁天札100枚に一朱の銀貨200枚なんて、
これでもかという物量ものの前に、丸諒、討ち死にしてましたよぉ。

ウチの旦那の望遠鏡なんて、おざぴーが全部つくってくれたし、
源内先生のABCめくり、これは和紙を継ぎ張りしてあの大きさ出すんで、
なにげに人手がかかるんですけど、着々と仕上げてもらえましたねぇ。

おかげで丸諒は、タイムをはじめとする精密作業や、
やっかいな両先生ん家の張りもの製作に、心置きなく向かえたわけです。
ほんっと、ありがとうございましたヨッ!

そうそう、上手にお座りの方には見えなかったかもしれませんが、
源内先生ん家のふすまの横に、女のひとの肖像画がかけてあったの、
気づかれましたかね?

あれは、ほんとに平賀源内画の「西洋婦人像」という絵なんですよ、
日本国初の油絵なんですって。
あたしゃ常々日本のダ・ヴィンチだ、と思ってたんですけど、
真から多彩な天才だったんですねえ。

ほんとは、先生ん家には、
だ・�ぃんち・こーどで有名になったウィトゥルウィウス的人体図も、
さりげに張っておきたかったんですけど、
gif処理がどーにも面倒で挫折しちまいました、それが心残りですね。

しかし、、、

今の丸諒のいちばんの関心は、くだんのおばまさんですよ。
4日には、十中八九この人に決まるんでしょうね、ぷれじでんと。

さすがに米の国のひとも、みんなこの8年で疲れちまってんですねえ。
おばまさんは、政治家というより宗教家っぽく感じるのは、
丸諒だけですかね。

今あの国は大変なことになってますねえ。
世界中にひろがっちまってんのが、ったく。。。
丸諒のだいきらいな現職、雑木林大統領が政府資金7000億ドル投入って、
その金子は自前じゃ用意できないだろ、どこが出すんだよ。

まあ、でもこれであと10年もしたら、
今とは全然違う世界になってる気がしますよ。
米の国は、言ってみりゃ今、幕末なんじゃないかいとね。

おばまさんは、あの国と心中する気なんじゃないですかねぇ。
あの宗教家のような風情が、丸諒、どこか怖い感じがしてたりもして……
なんだか、いえす様みたいに、祭りあげられる殉教者に見えちまって。
こわい国ですよ、頼んますよほんとに。

おっと、そこまでだよ!
まつりごとの話は、ここではしないのが丸諒の信条さ。
とんだ野暮てんになっちまったぃ。

画像は、富くじにハズレたらもらう、お札の原画ですよ。

むか~し丸諒が、彫刻科の叔父からもらったお年賀状。
お客さまにはけっして見えなかったと思うけど、
毎日無事、終演できますようにと、丸諒お祈りしながら、
本番で弁天さまにお会いしてましたよ。

そうそう、このお顔が大好きで、初演でも出したのさ。
物持ちいいにも程があるって?
ええじゃないか!(笑)


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-10-31 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ