劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

さあ、黒船だよっ! 

               *  *  *

        

ついに、てかもう始まってるんですけどね、『黒船だぁ!』稽古ですヨ!

なんたって江戸モノですからねぇ、
当サイト DAY BY DAY 『生きて想いをさしょうより』から、
久々に丸諒が、
レポートをお送りしていきましょうかね。

まー今回は、稽古場に客演さんが6人もっ。
これからがっつり、りぶれ船の面々とからんでいただくわけでさぁねぇ。

いや、客演さんにお越しいただくのは、正味ニ度目なんですけどね、
一昨年の椿組さんとのコラボは4藩、いやいや4班態勢だったので、
自分の班以外の方とはご一緒感がうすく、、、

まあ自分が演者じゃなかったせいもありますけど、
ぶっちゃけ、どっちかってーと本公演てよりはリブレプロデュース?
ってな感覚で。

しかも、椿/リブレと呼び合う、言ってみれば親戚みたいな仲ですから、
一緒にやって当然な感じもあって、余計に、ね。

その椿から、今回も田渕正博さん(『ロング…』星組:梶井センセイ)に、
ご参加いただいてます。
恒例稽古場呑みには、毎回かならずっ、
最後の最後までいるタブっちゃん。
ま、親戚ですから、呑みの体質もいっしょなわけですぁね(笑)

いや、しかし、何が驚いたってちょいと!石坂史朗ですよ!

この一つ前の日記にも書きましたけど、
『貴方と嘘…』が終って以来、あの人の今年の舞台は、
松井、才勝サン、ユーちゃんと、行く先々に必ずいるPBメンバー。

んじゃそりゃ?
なーんて笑ってたのに、
まっ、まさかその今年の締めで、あたし自身が共演することになろうとは。

『耳掻きお蝶』の時点で、伊東からそんな話は出ていたんですけど、
横浜だし、ご自宅方角ちがいだし、本番通い切れないだろ~、
と思っていただけに、
稽古初日にドア開けて入ってきた時は、でええー!ホントに来たーっ!

まじで驚愕しましたよ。
ええそりゃもお、ペリーさんもまっつぁお(笑)

史朗ちゃんは、この『黒船…』の初演を見てくれてるんです。
だからもう、13年のおつきあい、ってことですか。

その年、伊東演出の外部公演に出ていた彼を見て、
あたしゃ一目惚れしていたワケですが、
すぐに年末公演の『黒船…』に来てくだすって。

それが、たまたま、スズナリから呑み屋まで、
伊東に言われて二人で向かうことになっちまいましてね。

なにせ、あたし的にそんなお人ですから、初めてお話できるのが、
もう嬉しいやら恥ずかしいやら、ときめき爆死っ、しそうになってて。
(あったんだ、あたしにだってそんな純情なときがさ~)

その道中で、
---あたしは芸者の役で、実はなにげに脱ぎっなシーンもあったんですけど
「よかったですよ、いやらしくって」
って言われた、それが13年間強烈に印象に残ってて。

おたがい見かけてはいるものの、以来、話す機会もないまま、
月日だけがたっていって、、、
なんたって扉座のザカさんですからねぇ、なんか怯みがあって、
でもずーっと、あの時の思いは、あたしの中では変わらぬままで。。。

それがようやく、昨年の『貴方と嘘…』に出演してもらうという形で、
実を結んだという、そんな特別な人だったんですよ。
まあ、もはや身内中の身内なんで、どこにいてもなーんも不思議でない、
別の意味で特別な人にもなっちまってますけどね(笑)

まあーでも、リブレで一緒にやるとはねぇ。。。

このひととは、本当にご縁があったんですねぇ。
なんだか感慨をおぼえちまいます。

言ってましたよ石坂の旦那、けだし名言を。
「リブレはずっと鎖国状態だったわけだからさ、開国となったら、
 そりゃ何をおいても出たいってことになるよ」

・・・よねー。
この体質も、小劇場界狭しと言えど25年ですからねぇ、
珍しい歩み方ってことに、なるんでしょうね、ここまで来ると。

まあ、この芝居がリブレ国にとって、まさしく黒船になるのは、
間違いないんじゃないですかねぇ。
文明開化、したいですねぇ。

おとといは、RYOKO ひとまずの締めのステージで、
ジャズ一辺倒の、死ぬほどの勉学三昧の数カ月からやっと解放!
(やっと言うな (^o^;) )

もう英語のことはしばらく考えない~!と浮かれたのもつかのま、
昨日からは幕末史のお勉強に突入で・・・ (_ _;)

とりあえず、勝、坂本、西郷、新撰組、そして平賀源内は、
押さえておかないと。
しかし、、、む、むずかすぃ。
特に勝。。。おめぇさん、何モンさね(勝さんは江戸の人♪)

謎の人物です~、立場と行動が、合ってないじゃないですか旦那。
でも、あたしが男だったら、
粋な勝さんは『黒船…』では一番やってみたい役ですねぇ。

『黒船だぁ!』は、史実とはぜんぜん違うお話。
大橋流のぶっとびの飛躍が満載なんですよ。

だからこそ、歴史を知ってると、面白味倍増になる物語でもありましてね。
先般は配役発表もありましたし、
誰がどの役っぽいか、
パズルしながら、みなさんもチョッコシお勉強してみて下さいましよ。

ささ、今日は配役明けの初稽古。
あたしも、メリケンからお江戸に帰って、本腰いれて役者稼業です。

がんばりますよっ。
みんな、ついてきておくんなさいヨ!


丸諒

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-08-28 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ