劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

龍馬とジャズとアボリジニ 

               *  *  *

二日間で10回目ぐらいの寝起きです。
えっとぉ、というのは、
寝て起きてはお薬を飲んで眠くなって、
寝て起きてはお薬を飲んで眠くなって、の、くりかえしで。。。

あい、ヤっちまいました、
ずっごい風邪、ひいてしまいましたよ (T T)

先週の赤坂が終った時点で、なんかヤバいかもと思って、
そうとう気をつけてたつもりだったんですけどね、はぅ~ (_ _)
もう、今はこれが早起きなのか寝坊なのか寝の途中なのか、
よく分かんない状態です (- -;)

それでも、こうしてキーを叩く気になったので、熱っぽさは取れたみたい。
咳と鼻水がピークですね。
なんとしても今日1日で下火にしなければ。
もお、、、カッチョ悪いったらありゃしない。
土曜には鎌倉で本番だっていうのに。

でも、なんか、自己管理というには、
あまりに走りすぎてきて、身体が追い付かなかった月日だった気もして。
確かに、芝居の千秋楽から赤坂まで、2週間しかなかったし。
結局は、当日は6時間ぶっ通しで本番やってるようなものだったし。
なにより、はじめての経験だったんだもんな。。。

ここは自分を責めずにおこうと思います、
あたしの場合、それやると治りが遅くなりそうだから。
その分、ぜったい今日中に撃退するのだっ。

ただ、おかげで力、抜けたかな~って感じもあるんです。
赤坂のモードがどの辺だったか、今あんまり思い出せなくなってて。
ミルクからは、シックな歌に行きたいので、
このままなら否が応でも、パワーよりハートなことになりそうです。
ケガの巧妙。(…イイ性格だよねほんとーに)

鎌倉では、このお話をいただいてから----いえ、その前から、
ずっと歌いたかった、とある楽曲を、新しく出します。
もしかしたら、今回一回かぎりのお披露目になってしまうかもしれません。

だからね、
ていねいに、歌いたいんです。
野島さんにも池田さんにも、赤坂ではハートがなかったって言われて、
あたしも、無我夢中で走っただけで終っちゃったな、って思ってたから、
もういちど、初めての気持ちにもどって、歌います。
ミルクホールは、そこに還してくれる場所だし。

赤坂が終ってこの1週間は、
実はなにげに、新しくも大きな扉がバンバン開いた期間でもありました。

土曜日に劇団の総会があって、秋公演の方向性を話し合ったのですが、
ちょっとねぇ~、
この構想がそのまま実現化されたら、ものスゴイ芝居になりそうですよ。
25周年にふさわしい、かなりな大規模企画に。

テントですからねえ、
横浜港は目の前だし、幕末時代劇だし、
うん、、、相当に派手なことになるのは間違いないですね。
ウチとは思えぬ形で、色んな方々とのコラボにもなりそうですし。
色んなって、ホントに多ジャンルなのよ、うふふ。

来月からのプロジェクト始動に向けて、いま着々と準備が進行中です。
あたしももう、江戸モノの下調べもろもろに入ってます。
頭の中では、勝サン、西郷サン、坂本の旦那が踊りくるってます。
おりょうサンにおいねサンに、新鮮、いやいや新撰な組の人たちも、
呑めや唄えの大さわぎです。

すっごいすっごい楽しみ♪

そして月曜日は、楽天団の勉強会にいってきました。
この日が初回だったのですが、面白かったです~。
何がって、翻訳劇を深く読み解くという、楽天団ならではの稽古方法を、
初めてお会いする名うての俳優さんたちとやりとり出来る会なのですもの。

『エクスタシー』以来、すっかり魅了され、
ある意味、本公演に立たせて頂くより関わらせて欲しかった稽古ですが、
通常はキャスティングされていなければ体験できないわけで、、、
それを、純粋な勉強会という自由な参加型にして下さったのです。

これが、今年の楽天団の公演にそのまま反映されていくと思うと、
この知の探究は、個人的な喜びを越えて、
作品の礎を作ることに関わらせて頂くという意義まで感じさせてもらえる、
無上の贅沢です。

そのうえワタシ、なんと光栄なことに、主宰から直々に任命され、
この和田塾の実行委員にしていただけたのです。
外様なのに。。。
しかも、錚々たる顔ぶれがズララララーっと並ぶ名簿の、
一番上に名前が載ってたから仰天しつつ。(@o@)/

す、すみませんっ。
おそれおおすぎます。
実行委員が何をするのかは、今ひとつよくわかってませんが(おい)
頑張りますっ。

そして翌日、発熱したわけですが (_ _;)
嬉しい嬉しい忙しさで、どうやらこの夏は火の玉と化しそうです(笑)
『黒船…』では、リバウンドかましてるばやいじゃなく、
どうやら身体シボりきらないとマズいことにも、このままだと、
なりそうですし。
ほんと、風邪どころじゃないんだよアンタ。

洋楽と、江戸と、アボリジニ。
なんちゅ異文化混交、、、ひとり人種のるつぼ状態、
なのはあたしだけ。
ひゃー!(@o@)/
た~いへんだぁ~、俄然アグレッシブな夏になりそうです。

うれしいな。
年とるごとにどんどん忙しくなってる。
今年のご縁は、みんな、過去に蒔いた種から出た芽。
それがね、、、
年とるって捨てたもんじゃないな、って思わせてくれます。

全力疾走してすぐ電池ギレを起こす悪癖は、
もういいかげんイヤんなっちゃったので、
もっと上手な歩き方を見つけないとな~、と、本気で切望です。

せっかくこんな、素敵な場所をいっぱいもらえたんだからね、
赤坂、鎌倉、中野、中目黒、これから横浜、
小さな旅を、身体いっぱい大事にできるように、
寝ます。
なんか、
オーストラリアの荒れ地で黒紋付の志士がジャズでノってる、とか、
すごい夢みそうな気がするけど(笑)

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-06-25 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ