劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

春の音

               *  *  *
      

いい音、きいた♪
今。

朝ごはんを買いにいった帰りみち、交番の前で。
駅にむかう人たちの流れの中をぶらぶら歩いてたら、
背中に飛び込んできた、小さな男の子の声。
「おはよございます!」

音がぜんぶつぶれてる。(笑)
でも澄んでるの。
いとかわゆい、元気な元気な声。

1年生、ぐらいかしら、でっでこでっでこ走りながら、
立ってたおまわりさんにごあいさつしていったの。

「おはようございます!」
若いおまわりさんも、スカッと答えてあげた。
ちゃんと、ございます、って言うのがエライなぁ。

思わずふりむいたら、子どもはもう走っていっちゃって----そう、
でっでこでっでこ(笑)
顔は見えなかった。

なんかうれしくなっちゃった。
いい音きいた。
いいもの見た。

転ばないでね。
今日もたのしい日になればいいね。

ちょっと、ひと晩中、暗譜をがんばっていたので、
本当は朝ごはんじゃないのね。
歌はお腹がすくのです、異様に、いつも以上に、ヤバいことに (- -;)
でも、今日はまだ頑張るから、実質夜ごはんだもん、と言い訳しつつ、
めずらしくこんな時間に歩いてしまいましたよ。

来週。。。だから、いよいよ、ね。
3週間あれば人間なんでもできるはず、と思ってたのに、
そこからの2週間が、まったく別のことに塗りつぶされ、レッスン、、、
手につかず。

それだって、自分が切り換えができればいいだけの話なんですけど、
あいにーぢゅーという言葉にヨワいワダジ。。。
ほんとに役にたつのかはいまいち不明なまま、
さりげなく真剣なSOSが来るたびに、やっぱり腰をあげて、
やっぱり集中してしまいました。

そうして自分の暮しに帰ってきたら、途端にバタバタと、
野島さんからリハや打ち合せのロードマップが届いたので、
ブンっ。。。急にファンが回りはじめたわけです。

よかった、一人勉強は限界ある、やっぱあたしのばやい。
孤独だったよぉーーー(T T)
今日からはみんなとの打ち合せもあるし、れいさんが発音を見て下さるし、
ひっとりじゃないって~すってきなことっね~♪(なつメロすぎ~)

なわけで、さっきまでガンガン歌いまくりです。
レッスンカラオケも最終版につくりなおして、
暗譜も残すところ1曲まできました。
急にハリが出たってもんです。

いろいろ考えると、
すぐ不安定になって、決してよき状態ってわけでもないんです、正直ね。
歌に疲れると、ぽっ、、、と空白になって、
なんだかとても淋しいきもちに襲われたりして、それがこわい。

何か、よくわからないものを待っているらしいんだけど、
それが何なのか、本当にわからなくて、自分が散漫になりそうになる。
歌う。
とにかく。
歌う。
そんな時間です。

でも、さっきの男の子の声で、
なんだか、歌うよろこびみたいなものが呼び覚まされたみたい。
ぜんぜん関係ないのに、、、なんだろ?

そういえばさっき、キーの確認のために、
プレイボートのカラオケを聞いてみたんですけど。
びびびっくり。
いま歌ってて楽なキーより、5音も高いっ。

確かに、パワーパワーと求められていたので、
声を張り上げられるように、限界まで高くしてはいたんですけど、
こ、こんなの、よく歌ったよなぁ、
あんびりーばぼーです、いま出ませんもの。

こんなにムキになってたのかぁ。。。
おそるべし。
あらためて、あの時間のがけっぷちさかげんを実感しましたよ。
これじゃあ、ニュアンスなんか出せるわけないよな……

鎌倉ではていねいにいきます。
あの店のムードに酔って、ミルクホールの時間に染まります。

「フランス映画のようなジャズ」
そう言ってもらえるような歌を、うたっていきたいです。

ジャズだけど、語りたい。
シャンソンのように。
邪道かな、でもね、そんなジャズがあってもいいじゃないか、
こんなにシンガーはいるんだから、一人ぐらい、
ね。

なーんにもなかったなぁ、あの男の子。。。
おはよございます、
あの時は、ただそれだけ。

そうして、つぎには早く学校にいくことしかないのね。
・・・なんだか誰かに似てる。
笑っちゃう。

Fill my hart with song, and let me sing forever more...

フライミーのなかの一節。
いま、このフレーズが、自分の中でずーっとこだましている。

ほんとうに、、、そんな感じ。
それがすべてで、そこからはじまる。
なーんにもなく。
響いている。
それがすべて。

In other words...
In other words...

永遠に、恋の歌を、うたっていきたい。
ただそれだけを、願う。

あの子は、春の子だったのかな。。。


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-02-29 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ