劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

はじめてなのに、立つ!いやん。

               *  *  *


昨日は稽古初日でした。
ご存知の通り、初めてセリフを喋る日です。
しつこく言いますが、初日、です。
初日、なのに、
通しを2回もやりました。(=@o@=)/

みんな、ダンステクニカルのチェックからだと思っていたので、
あたしが稽古場に入った時には、もう個々に、
知念さんが来る前に気持ちの準備しとこ、ってな感じで、
ふだん触れもしないバーなんか使って、ストレッチとかやっちゃってて。

オーディション前の控え室のような緊張感さざめく空気に、
振付け助手のユーちゃんも、初日になって急にムード変わりましたね、
なんて笑ってたのに、
知念さんたら、踊りなんかにゃ目もくれず。。。

もうすっかり演出家のお顔で、
じゃあ2時半から通しましょう。
え、だって、通しって、本番中の石坂さんが夕方入りしてからじゃ……
時間あるのにもったいないじゃないですか、ボーイズ、代役で。
どえーーー!

意表突かれて、みんないきなりモードチェンジ。
蜘蛛の子散らすようにバーから離れると、
今度は居心地のいい隅っこの争奪戦をしながら、台本と首っぴきです。
すっごい集中力で。(笑)

普通は、初日に立つこと自体ないと思うんですが、、、
立っても、セリフと感情のバランスに探りを入れながら、
というぐらいのレベルでゆるゆると始めるんじゃないかと思うんですが、
ちっがーうの、知念さんは。
てかRGでは、なのかな?
力量のある俳優ぞろいということを前提に、
のっけから身体で掴ませていくんです。

しかし、2回とは。。。
さすがに1回目は、みんなワケ分からないうちに終っちゃった感じで、
気持ちもへったくれもなく右往左往。
そりゃそーです、出捌け口がどこかぐらいしか決まってないんですから。
それでも、このメンバーのすごいところは、
みんなセリフが入っていて、自分の役のイメージをつけて来ていたこと。
一番ダメだったのはあたしだった (- - ;) 

いや、主宰がホン持ってやれば、みんな安心するかな、
なんて気を使ってのことでもあったんだけど(言い訳)
そんな余計なモンまったく必要なかったこらーっやまぎしっ!
書いた本人なので、あたし、ほんとに全員のセリフが入ってるんですよ。
だけど、立つと出て来ない。
生理としてそういうものだと思うんだけど、
でもみんな、ガタガタしながらも持たずに無理くりやりましたからね~、
タマげた。

一度やって余分な緊張が解けたら、
こりゃ石坂さん来たら焦るぜ、なんて軽口も出るようになって、
みんなニ度目に向かって新たな闘志まんまんでしたが、
頭の方のこ返しをしている時に、その史朗ちゃんが登場。
新橋演舞場の大舞台から、昼の部を終えて駆け付けてくれました。

さすがに、ドア開けたらもうロングでこ返しやってたので、
ぎょ?!という顔してましたけど、知念さんも止めませんからね、
そのままずっと代役でやっている内に、
待っててもしょうがないと思ったのか、いきなり場に入ってきた。
背中から彼の声が聞こえたてきた瞬間、
もーね、マジで鳥肌たちました。
いやーん三浦(史朗ちゃんの役名)だー!って。

急に場が締まりました。
あの人は、だいたいがそういうタイトなものを持っている人ですけど、
それにしても、欠けたパズルがピタッとはまって、
本物の場が立ち上がるという、芝居の現場に時々うまれる快感を、
久々に体感しましたね。
みんなのテンションもコンセントレーションも、
カッと上がりましたもん。

そうして、何の滞りもなく場を引っ張っていく。
あたしは、さっきのみんなの軽口を聞いている時に、
いんや~、石坂史朗は周回遅れでも先頭とるぜ、と予測してましたけど、
案の定、その通りになりました。
本番中なんですよ。
マイっちゃう。

は~、、、はじまっちゃった。
知念さんが仰っていた。
あと17回なんですって、演出稽古。
え、それしかないんだ。。。
数えてなかった自分にもびっくりしましたが、
その事実を知って、湧いてきたのは、正直、恐怖と不安でした。
……これで間に合うんだろうか。

でもね、それだけにつくづく思いました。
テクニカルレッスンとはいえ、半年間やってきてよかったぁ、って。
これが本当の初日だったら、とんでもない緊迫感で、
相当荒れた現場になったと思う。

やっぱり、今まで作ってきたのはダンスだけじゃなく、
芝居のベースそのものだった。
雨にも負けず、風にも負けず、夏の暑さにも負けず、
まさしく、ね、
通い続けてきたんだもんね。。。

驚いたことに、全体時間は90分強でした。
レッスンではやらなかった歌が3本入ってたんだから、
テクニカルだけで40分にはなったはず……ということは、
本編自体は1時間きってる……?
うっそお、そんな短い芝居だったのかよっ。

なんだよ、あんなに削らなくてもよかったんじゃんかよっ、と思いつつ、
これだけゆとりがあるなら、
力のある皆さんに好き放題やってもらうことができる。
どっ、と、肩の荷が降りました。

知念さんて、、、
うん、昨日なんとなく気づいたんですけど、
もしかしたら人を見て対応を決めてるのかもしれない。

いや、昨日も、松井が誉められたんです、踊りがよくなったって。
手足の長い彼女は、ちゃんと踊れれば本当にきれいで、
ハッと目を引く魅力がある。
松井が誉められるのは、あたしも本当に嬉しいんです。

だって、あたしが選んだひとですもの、見て見て!っていつも思っちゃう。
努力家で情熱家で、バカみたいに明るい鉄火な女なのに、すごくもろい。
それが可愛い。
今回も、書き手のあたしがやりたい役をお願いしている、そのぐらい好き。

でも、一番踊れなかったのは間違いなくあたしで、
だけど今、ダブルターンが出来ない人が多い中で、
あたしは3割程度だけど、とりあえず回れる種族には入っていて、
メンバーはこの長足の進歩をよく話題にしてくれてるんですが、
知念さんは、あたしを誉めてはくれなかった。

ヤセたことは誉めてくれたけど(笑)それがね、
ちょっとだけせつなかったんだ。

池田さんとあたしのデュオにも、ダメだしが出た。
今、あたしたちの中では感覚を掴めたな、ってところまでは来ていて、
見てくれているユーちゃんからも、
もうあまり直しが入る感じでもなくなってきていたのだけど、
知念さんが求めているのは、どうやらそんなレベルではないらしい。

たぶん、それは、あたしたちが鳴海と奈々子だから。
この二人をやる以上、求めるものは底なしだと、
お顔を見ていたら、そんな風に言われたような気がして。

というのは、
二度目の通し前に、史朗ちゃんが入ってきた時の違和感から感じたんです。
はじめは、知念さんもちょっとイジワルだよな、と思って。
なんか、彼にわざとプレッシャー与えてる感じを、ちょっと受けたから。

だって、そもそも午後一で通しをしたこと自体イレギュラーで、
予定をお渡ししている制作側の立場だけで言わせてもらえば、
クレームになってもいいぐらいのことだったわけで。

彼はそんな変更はものともせず、誰より完璧にやりきったワケですが、
それをね、
知念さんは見越していて、石坂史朗もまた分かって受けてたった、
って感を、持ったわけですよ、見ていて。

そして、その往還は、そのまま他のメンバーにも響いて、
この稽古場が持つべき緊張感、向かうべき姿勢が、
言番にしなくても示される結果になった。

初日にいきなり通すこと自体が、もうそういうことですもんね。
このメンバーはそれが出来るって、思って下さってるんだろうな。
それはそのまま、RGというものの性格を、信じて下さってる、
ってことだとも思って。

うーん、なんか、だから、
あたしは一生、知念さんによしと言ってもらえることはないのかも、、、
そんな風に気づいたわけです。

もともと、闘争心とかライバル心むきだしにするとか、
そういうタイプじゃないので----意外かもしれませんが(笑)ほんとに、
だからもしかすると知念さんには、松井を誉めることの中に、
あたしの何かを煽る目的もある?のかなぁ。。。

は~、よく分かんないけど、恵まれてますよね。
これは心から思う。
だって、プロデュースなんだもん。
こんなにムキにならなくたっていいんですよ、きっと本来は。

なんか、あたしの性分のせいか、RGっていっつも劇団化しちゃうんだよな。
個人でいたい人には、辛い現場だと思うよ(笑)
熱くるしくてごめんなはい。。。m(_ _)m
まあ、もっとも、
個人が勝っている人は、はなからココには寄り付きませんね、あい。

って、ぎやーーー!洗濯機が止まってるぅー!

そーださっき途中で稽古着1枚追加で入れてフタ閉め忘れたままだった、
あまりのさぶさにダウンコートを出したはいいものの、洗ってみる、
とか余計なことを考えて放り込んだた午前中から、
ずっと開きっぱなしだったんかいっ?!

ぐっすん、ばかばかあたしのばか。
乾燥機に入れてもお出かけまでに間に合うかしら。
さ、さぶいでつー。
さ、さぶい、、、ん?
この感覚は数年ぶり、極寒もものともしない亜熱帯体質のワダグジなのに、
これって、、、ヤセたから?

ご満悦。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-11-19 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ