劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

くるくる回る

               *  *  *
          
昨日は、磯見のオジタマ=チャーリーが登場。
本番が続いてらしたので、気づけば2ヶ月ぶりの稽古場だったみたい。
『どいつも』に来て下さったので、あたしは数日ぶりの再会だけど。

誉められた~ん♪
踊りうまくなったって。
そうして、ヤセてびっくりしたって……や、やっぱそこ?(笑)
いや、でもね、タイトな審美眼の持ち主なので、
チャーリーに誉めてもらえるのは、ほんとにお墨付きをもらえたってこと?
と、ちょっとマジで嬉しかったです。
だって、セクシーだった~なんて初めて言ってもらえたんだもの、
驚いちまいましたぜ。
油断しないでもっと頑張れ、と、ピッチリ釘も刺されたけど。
あ、あい、がばりまふ。

踊りは、実は10月の補習最終日に、ダブルターンが出来て。。。
大変なんですよ、2回まわるのって、ホントに。
みんなこれで苦戦中。
知念さんも、本当にやらせようと思ってるわけじゃないと思うんだけど、
出来る人はやっといて下さい、って言われちゃあね、
練習しとかないわけにはいかないんで、落ちこぼれ最右翼のワダジは、
冗談半分でこっそりやってみてたんだけど。

補習で出来たのは20回中2回だったから、
1割の確立じゃあほとんど偶然、てか事故みたいなもんだな、
と思ってたのに、
このところなんだか、回れるの、ものすごく汚いけど、とりあえずダブル。
うっそお。。。
シェネ2回さえできなかったのに、
ターンシングルだって、止まったら真ウラ向いててぎょぎょ?!
とかしてたのに、
どーしちゃったんだえ???おのれに聞いちゃう。

ヤセたのも、踊りがきれいになったのも、
前の自分に比べればというだけで、人と比べて、ではないので、
まだまだ底辺をはいずっていることに違いないんだけど、
でも、成果を自分のことのように喜んでくれる仲間たちがいる、
これがなにより嬉しい。

どれだけダメだったかは、みんなが一番よく知ってるから、正直、
おまえー主宰だろ、言い出しっぺのくせになんだその体たらく、
と、けっこうな失望を味あわせてきていたのは分かっていたので、
曲がりなりにも誉められるなんてことが続くと、
かえって不安になっちゃったりして。。。小心者です(苦笑)

頑張ろ。
稽古初日は日曜日だけど、知念さんの前でちゃんとダブルが出来るように、
まだ2回、チャンスがある。
制作がけっこう佳境で、仕事は片付きもしない内に押し寄せてくるけど、
誉めてもらえたことを無駄にしないように、頑張る。

お、時間切れだ。
今日もいってきまーす。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-11-16 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ