劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0231158_23353439.jpg


名古屋公演から、無事かえってまいりました~。

名古屋のお客様は、相変わらずとても暖こうございました。
本当に感謝です。



いや~しかし東京、なにこの寒さ!

名古屋も北風びゅーびゅーはハンパなかったですが、
新横浜の駅に降りたとたん、空気が冷え切ってるんだもの。

ほとんどうちの田舎みたいな底冷えで、びっくりしちゃいましたよ。

この暑がり寒さ好きのワタシが震えるんですから、
スレンダーなみなさまにはどれほど過酷なことか、お察し申し上げます。

首都圏に暮らして30年ですけど、こういう冬はなかったような気がする。

よりにもよっての酷暑厳冬で、この1年の東日本はシビアですねぇ。(- -;)





e0231158_23372979.jpg


名古屋はずっと曇っていたので、写真は出発日のしか撮れなかったんだけど。

これは、高速バスを待つあいだ、新宿西口高層ビル群の谷間からみたお空です。
この日も寒かった。

旅をバスで、というのは初体験だったんですが、
ルート的にはとても楽しみだったんです。

東名ってけっこう見どころあるじゃないですか、フェンスが邪魔だけど。





e0231158_23384442.jpg


ネ。
こういう富士山は西に向かわないと見られないので。

晴れてくれたおかげで、美しい霊峰のフォルムに会うことができました♪





e0231158_2340036.jpg


そうそう、そうして海ぎわを走るでしょう?

これは、清水のあたりだったと思います。
急に海が近くなるので驚きますよね。

車中から、よっxxxとかくっxxxとか言いながら激写していたもんだから、
みんなに笑われつつ。(^ ^;)ゞ

ちょうど日没直後だったのもラッキ~♪

ここさえ撮れればもういいの。

名古屋までまだ2時間ぐらい、あとはずっと夜間走行になるので、
心おきなく爆睡しました。(ΘqΘ)zzz





e0231158_23413325.jpg


あ、芝居のハナシもしとかないとね。(笑)

そーなのよ、これがネ、今回わだじを再びぐるじめたキオスクの一部。

カウンター部分ですが、実際にはこの上と横にも品物がうざうざ吊り下がっていて、
手前は雑誌に新聞の大量節、
背後の棚の中も、タバコだのお菓子だの飲み物だので埋め尽くしたわけです。

なにがって、小道具としては、
大量のブツを如何にお金かけずにリアルに設えるかというのが腕の見せ所なので、
商品の半分以上はダミーなのです。

なのでね、手間も時間もかかったわけですよ。(- -;)



無事に終ってよかったぁ。

バラシも予定90分のところを1時間かからずに完全撤収できたしネ。

午後、名古屋から帰宅してすぐ稽古場に向かい、トラック組を待って片づけをして、
『STATION名古屋公演』は名実共に終演となりました。

そう、あたしは帰りは新幹線だったんですが、は、早くてびっくり。

行きのバスが6時間もかかってたので、90分で着いちゃったのが魔法みたいでした。 (笑)



まあ、いつもどおり足はぶくぶくに浮腫んでて、
おコタに入っててもなかなか温まらないという疲労パターン最前線ですが、
明日中にしっかり復調させておかないとね。

なんたっていよいよ始まっちまうのですもの、コレが。


e0231158_23424470.jpg

    (クリックしてネ)

はい。
デスマッチ。(笑)

『閉ざされて』 『SUBJECTION』

これは、リブレの中でも演技的仕掛け満載の作品なので、
役者は本当に緻密に創っていかないとな2本でして。

その分、お客さまにはいろんな驚きをお楽しみいただけると思います♪
がんばります!

ええ、個人的にもこの公演に向けては、と或るミッションを課しているので、
明日からは生まれ変わったワタクシで(笑)臨みますよ~。



30周年記念連続公演の詳細は、まもなくアップしますのでね、
どうぞお楽しみに!



名古屋にお運びくださいましたみなさま、本当にありがとうございました!
[PR]
by rosegardenbel | 2012-01-17 00:00 | R's voyage より
e0231158_150119.jpg




昨日の続きの今日なのに、年があらたまるって、なんだか不思議ですよね。


ゆうべは、これまでになく多くの日本人が、

祈りの灯を胸にともした大晦日になったのではないでしょうか。






明けましたネ。


うん、夜明けは必ず来るんですものね。


すがしく清らかな眼で、今年をみつめ、今年に向かって行けたら、

いいですね。






と。

さっそく龍が寝返りを打ちましたね、夕べから二度目ですか。


俺サマは眠ってないぞと、心して歩めよと、

龍神さまが知らせてくだすっているのですね。


はい。

去年よりは智慧がついたので、しっかりと、歩いてまいります。






みなさまのご健勝とご多幸を、心よりお祈りしつつ…

明るいほうへ、明るいほうへ。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。






山岸諒子
[PR]
by rosegardenbel | 2012-01-01 00:00 | R's voyage より