劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

微笑して、進もう

e0231158_10455433.jpg



別のところで書いた、おとといの日記ですけど…思うところあって(笑) ここにも載せちゃいます。


* * * * *




昼下がり、お葬式にいってきました。

元劇団員のお母さまが亡くなられたのですが、
めぐりめぐってあたしが代表としてうかがうことになって。




このところ毎日、大きな余震が多くなっているので、
正直、道のりの遠い東京郊外まで出かけるのは不安でした。

けれど、今日はまあーよく晴れて、5月の陽気ということで、
長い時間在来線に乗っているあいだに見た風景は、
青い空と、透き通ったように輝く桜、桜、桜。

きれいで、のどかで。

電車の中は、節電で真っ暗でしたけどね、
だからこそよけいに、白い輝きが沁みました。

今年の花はあきらめかけていたので、まだ間にあったことが有り難かった。




それから…この一ヶ月、あたしはお坊さまとお会いしたくて。

話を聞いて欲しいという想いもありましたけど、
お姿だけでも拝見できたらなぁ、どこかで会えないかなって、漠然と願っていたようで。

それが思いがけず、お経まで聞くことができて。

南無阿弥陀仏という声明は、何十回と繰り返される中で、
やがて意味をもたない音塊となって、
不思議な響きが自分の一番素朴な部分を撫で揺らしてくれた、そんな体感をもちました。

沁みましたねぇ、これも。




つまり…叶ってしまったわけですよね、願いがふたつとも。

お母さまに、心から感謝です。

今日見えた方々も、みなさん楽をさせてもらえましたよね、
だって、昨日までの風が嘘のようなあたたかさだった、
この日々の不安が夢じゃないかと思うようなのどやかさだったから。

今生との別れのその日まで、こうして人を包んでくださった、
お会いしたことのなかった故人のお人柄が、 今日のこの在りようで、
手にとるように感じられました。

ありがとうございました。




これも仏縁というのでしょうかね、結局自分が居合わせさせていただくことになって…
おかげさまで、落ち着きを取り戻させていただけました。

夕べまでちょっと、ヤバかったんで(^o^;)ゞ




うん、昨日はさすがに、稽古場でもみんな元気がなくて…
やっと前に踏み出せそうだと思った矢先の、連日の大きな揺れ続きだったから。

稽古中はね、全然いつもどおりなんですけど、終わってからは、
やっぱりなかなか一人の部屋に戻る気にはなれないようで、みんなぐずぐずしてて、
まあこれもいつもどおりの呑みに突入したわけですが(笑)

話題はどうしても昨今の状況のことばかりになって、うん、夕べはため息が多かった。
ほんとはみんな、こんなにしおれてたんだと驚いたぐらい。




でもあたし、今日、滋養をいただいたので、誰か一人ぐらいには分けてあげられる、きっと。

そしたら、それ、伝染っていくと思うんで。

他の誰かも、今日という日の中でまた元気の種をみつけているだろうし、
それも、伝わっていくでしょう。

だから。

舞台が元気であれば。

それがお客様に伝わらないわけがないんですよネ。

うん。
頑張ろう。




あたしたちは、人さまにさしあげなくちゃいけないんだから、
だってお代をいただいてるわけですからね、あげられるもの生んで育てないと。
あたりまえのことだ。

そうして、こんなことをここで書いてしまうのは、いけないんですけど、舞台人としては。

でも、演る人間もこういう迷い抱えてますって、
今は言ってもいいんじゃないかなって思って。

人間だから (みつを・笑)

今のぐちゃぐちゃを、俳優だからってまるで見せずにきれいな顔だけでいるのって、
違う。

そう思って。

書いてみました。




いっしょですよ。
みんな。
みんな人間 (みつw…もういいって・笑)






うーむ、とりとめなさすぎだけど、うまくまとめられないまま、
時間切れ~(笑)

稽古にいってきます。






* * * * *






二日たって、この余韻はまだちゃんと残っていて。

いい一日をいただきました…




進もう、とにかく、わずかでも、確実に。

はい。









                         コラムを書いています。 『山岸諒子の 台詞に恋して』
[PR]
by rosegardenbel | 2011-04-15 10:54 | R's voyage より

あなたに…

e0231158_125999.jpg


憂愁のときをこえて

茜色の被衣(かずき)をひろげ

その一歩を。。。



いま、あなたに贈りたい言葉があります。

               『山岸諒子の台詞に恋して』へ
[PR]
by rosegardenbel | 2011-04-05 01:13 | R's voyage より