劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

橋の上の出会い





ここ一ヶ月ぐらい、ちょっとオモシロイことになってます。




人からインスピレーションをもらうことが続いていて、
なんだかスルスル、創作ができちゃう。

その“人”というのは、ここへきて急に出会ったり濃くなったりしたひとたちで。

丸諒の世界の登場人物が、塗り変わった感じで、
ちょ、ちょいとおたついてます。(笑)




だって、今までのペースだったら、
そういう影響力の強い人とは、年に一度出会えるか、ぐらいだったのに、

夏からこっち、
心を揺さぶられるような出来事がどんどん上書きされてくもんだから、
味わってるヒマもないぐらいなんですもん。

惜しいやら、うれしいやら。。。

こういうこともなかったですねぇ、今年は出会いの星回りなのかしらん?











なわけで、
今日のもそうですが、このところ写真に戯れ文くっつけて載せてるアレらは、
その方々が呼び起こしてくださったイメージなのです。

RYOKOブログの方でも、実はこっそり(なんでこっそりよ?笑)
アップしてたりしてるんですけド。

丸諒、ゼロから何かを生みだすのは、不得手なので(役者なのに (- -;) )
出来不出来は別として、この流れはちょっとウレシイです。




いま気がついた、影響をくれたひとたちって、みんなカタギだ。

カタギって……(笑)いやいや、自分のこのナリワイは、
決して真っ当とは思っていないので、そんな表現がピタっとくるわけですが。

みなさん、独特の美学をお持ちの方ばかりで、
それがまた丸諒には未踏の地なため、異様に影響受けちゃうんでしょうねぇ。



        



官能、清純、慎ましさ、ロマンス、ゴシック、エキゾチズム、
哀しみ、悦び、さびしさ、怖さ、もどかしさ、、、

その方の実際のパーソナリティとはかけ離れて(笑)
…だけどたぶん、本質、だろうな、

その宝石のようなエッセンスが、丸諒の中で言葉になっていく。

これ、なかなかスリリングで、ゴージャスな旅です。




自分がこんなに相手に染まるっていうのも、意外な発見でしたけど。

なんだか、その人の“ノリ”が、すぐ伝染っちゃうんで、
すべての場の目撃者がいれば、多重人格と思われるんじゃなかろーか。(笑)

でもそれ全部、ウソはないんで。

人はプリズム、女はもっと多面体・・・うふ。











出会いって、面白いですねぇ~。

よい出会いをすると、細胞がどんどん分裂していくのが分かる。

そうして、昨日よりピチピチになっていくのサ。(^o^)v




いつでも朗らかなひとになりたくて、、、会った人の力になるような、ね。

それって難しかったんだけど、出会った人がそんな人だと、
自分も自然にそうなれてる。

丸諒も、自力でそんなもの振りまけるひとに、なりたいなぁ。





                  
[PR]
by rosegardenbel | 2010-09-29 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

2010年の赤坂の夜

                      *  *  *



赤坂、終わりました~!

ご来店いただきました皆さま、本当にありがとうございました。



結局、はじめのご予約の、2倍の皆さまのお運びとなり、ほぼ満卓!

いや~、驚くやら、ホッとするやら、嬉しいやら。。。

この女ときたら、なんとしあわせモノなのでしょう。(T T)

本当に本当に、ありがとうございました。



いいライブでした。

テクニカル的には、とてもじゃないけどパーフェクトにはほど遠く、
今まで経験したことのないようなアクシデントも、それはもう山のように(笑)

でもね、なんで言い切れるかっていうと、、、

皆さんで一緒に作ったライブになったからです。







これは、初めてのことだと思います。

いつも、お客さま、あたたかいんですけど、
なんだろう、積極的に楽しもうとしてくださってる感じが、すごくしたのかな。

一体感を、感じさせてくださったんですよね。。。



あたしから見る客席は、壮観でした。

だって、好きな人ばっかり。

皆さんわざわざここまで来てくださって、、、
思わず途中でリサーチしちゃいましたもんね、どこのひと?(笑)

都内、神奈川、埼玉、千葉、山梨、長野、、、はぁ~、もーね、感涙ですよ。



野島さんと、本番中にあんなに絡んだのも初めてだったし。

彼も楽しんでてくれてるのが、ほんとに嬉しかった。

久々で、そうして、次はいつかまだ分からない、そんなはかなさを、
もしかしたら一緒に感じてくれていたのかな。



ハグしてもらっちゃった、初めと終わりに。

そんな風に触れ合うのも、初めてのことで、
でもそんな感じの昨日だったんだもん、もうたぶん、甘えてもいいよねって。

愛しい人たちが、気づけばいっぱい。

それ、スゴイことだよね、
スゴイ、しあわせだよね。











ヤバいな~。

だって、自分が愛せてれば、愛されなくてもいいって決めてた。

なのに、こんなにたくさんの人たちが、、、こんなたった一人に、、、
ヤバすぎです。



・・・色々これからも、自信をなくしたり落ち込んだりすると思うんです。

けど、これからはこの事実が、あたしを立たせてくれるんですよね。

こんな大きなもの、いただいてしまった。。。



泣いちゃうよ。(笑)

こんなオバチャンじゃ、スイーツ、なおさらみっともないけど、
でも、ほんとにそうなんだもん。











夕べのお客さまを見ていて、ああ~と思ったのは、
大人時間ってことだったのです。

みなさん、自分の人生を定めていて、時間の楽しみ方を持ってる。

初めて同士でも、なんなく溶け込んで、和やかに、ほがらかに、
時間を共有する、そのゆとり。



とても素敵だった。

そんな人たちの集まりですもの、上質にならないわけがない。

そう、ちょっとね、ヨーロッパな風情を感じたりして、
ってどんなんか知らないけど(笑)、どなたも無理してらっしゃらない感じが、
うれしかったですねぇ。。。



あたしが一番、遊ばせてもらっちゃったなぁ。

一番子どもだったねぇ、見守られて、甘やかしてもらえて、、、ねえ。



忘れられない夜になりました。

ひと晩中、しあわせは続いて、
今も、余韻はあとを引いて。

眠いんだけど、眠りたくない、みたいな。

極上の刹那は、永遠なんですよね。。。







嗚呼……

すみません、ちょっと今まだ、言葉にできないです、夕べのこと。

出るのはため息ばかり。

薔薇色の、ね。



お会いできましたね。。。

ありがとうございました。












扉フォトを筆頭に、お客さまがたっくさん写真を撮ってくださいました、
平山さん、ありがとうございます。

余韻にひたりながら、また思い出アルバム、作りますので、
見てやってください。



                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2010-09-21 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
                      *  *  *
   


早っや~い!もう明日になってしまいました、初ライブ。



意外に大勢さまからのご予約をいただいて、え、ぁええ~?(笑)
驚いております。

いや、ほんの数名様のお越しかと思ってましたのでね、
ありがとうございますぅ。(T T)



どうなることか……こればっかりはホントに生モノなので、読めません。

でも、大好きな方ばかりがおみえなので、
なんだか、どこまでもノりまくれそうな気がしてきてますっ。(笑)

極楽、行きたいですね~、ごいっしょに。









タイトルは、そうなでんですよぉ、
一昨日ぐらいから、ケータイメールの送受信に、疑惑を(笑)抱いてましてね。

発端は、『貴方と嘘…』の純ちゃんだった才勝さんから、
ライブのご案内が届いていないというメールが来たことからで。



え、だって、一斉送信なのに、んなバカな、と思ってたんですけど、

確かに、彼とのやりとりは、またそこからの1・5往復で途切れ、
あとは送っても送ってもノーリターン。

一晩で4度も同じメールを送るという、ストーカーかいっ、な様相呈しつつ(笑)
翌日にあらためて送ったら、ちゃんと繋がって、???



でもその同じ日に、
今度は劇団ののりちゃんからの返信すべてが、中国人かいっ、な文字化け三昧。

もう今日は忙しくて、その後はメールを送ってないので、
彼女と復縁できたものかどうか(笑)、不明なままですが。



そして今日、大事な連絡メールのお返事が、約お三名さまから来ていない。。。

いつもは即リターンの人たちなので、これまた、えっええー?????

さすがに、何度も何度も確認メールを送る度胸はないので、
いまだこの状況を抱えたままで、、、いと気持ちわるし。(- -;)



今日ちゃんとやりとり出来てる人もいるのに、どゆこと???

タイムラグなんだろうか、単なる。

確かに、のじけんからの返信が、
いくら今日は福島にいるとて、2時間もかかってるし、、、

ってこれ自体ヘンじゃないっすか?!









だよぉ、このケータイ、信じていいものかどうか、はなはだしく疑惑のブツだわ。

てか、やふ~が絡むと不信感が増すような…

だって、前にやふ~からのじけんに送ったラインナップ、着かなかったし、
のりちゃんのメールもあたしのも、PC作成の原稿をやふ~経由したものだし、

いやいやこれはたぶん濡れ衣、ごめんなさい。(^o^;)ゞ



だけど、明日きてくださる方には直接確認できるんで、まだいいんですけど、
困るのは、

行けないという、ご丁寧なメールを送ってくださった方へのお返事が、
どっか行っちゃってるカモ、なことで。

信用問題になるじゃないですかねぇ、あたしのぅ。
はらだたしいわ~。



それに、こうもお返事をもらえないと、
あたし、なんか悪いことしちまった?!もしかして、ライブ来るのやめた?

と、あらぬ妄想にとりつかれはじめるわけで。。。









ここまで考えて、つくづく恐怖しましたよぉ、メールってツール、やばいですね。

いや、不確実性の問題ではなく、依存度というか、頼り度合いのはなしね。

単なるコミュニケーションツールなのに、頼りきっちゃってた、あたしっ。



今、大事なことほどメールでやりとりすることが増えてません?

それ、考えてみれば恐ろしいことですよね、
こういうワナに引っかかったら、人間不信とかまで招きよせかねない。

なんだかいつのまにか、メールで人間性はかるみたいな無意識が、
忍びよってきてるような。。。



こわいですねー。
異常ですねー。

ちゃんと自分の目と耳と身体で理解していかないと、
仕舞いにはきっと何も信じられなくなる。

いやぁ、いい勉強になりました。

なんだか、現代的な合理性の落とし穴に、触れてしまった気持ち。(笑)









まあ、それ以前に、おまえもっと大らかになれよと、
つくづく己れダメ出ししましたけどね。(笑)

実際、そんなメールの不備ごときで壊れる関係ならそれまでさ、
というぐらいの強気は、大人だったら持ってなくちゃいけないんですものね。



あたしは、、、結局自分を信じてないんだなぁ、また自覚してしまったよ。

それでも今回のことは、いや大丈夫、
ちゃんとこの人たちのこと骨太に信じていられてる、と踏ん張れたんで、

ちょっとは成長したかなと、安心しましたけどね。



それは、それなりに自分の手で、紡いできたものがあるからですよね。

ライブも芝居も、価値はそういうことにあるのかもしれないですね。

実際に人と出会って、生々しさと向き合う、
それほど確かなものは、ないのかもしれませんものね。。。



明日、大事にしよ~。(笑)

一期一会ですものねぇ、人とも音とも、時間とも。

・・・なんだかやっぱり、どこかナーバスになってるのかなぁ、

だって、こんな、思わぬ自己反省の深みにはまって、前の晩なんかに、
あほちゃうか。(笑)



好きなひとが来てくれる。

それだけでうれしい。

明日には会えますね。

過去も未来もない、瞬間を、生きます。




         
[PR]
by rosegardenbel | 2010-09-18 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

晩夏のゆくえ  

                      *  *  *



リハ第一弾を、やってきました!



いやぁ~、久々の感触。

いつものスタジオ、Myマイクの重み、野島氏の指が繰りだすピアノの響き。。。

ブランクなんて無かったような、あの季節のつづき、みたいな気もしつつ、
デビュー直前の、いたいけな小鳥だった自分に(笑)また帰っているような、

なんだか不可思議な時間でした。



やっぱり、好きみたい、歌。

てかジャズ。

英語の音の方が、自由になれる自分を発見して、ちょっと驚きました。

開放されたくて、今回はセットの半分を日本語の歌にしたのに、
なんと意外な。



英語の歌は、やっぱりおさかなになれるんです。

ふわ~ふわ~って、
回遊魚になるあの気持ちよさは、変わらなかった。

日本語の歌は、なんていうかな、お花になったみたいでした。

地に足つけて、
自分のパワーで、つぼみを開かせていく感じ。



オモシロ~い。
アプローチ、こんなに違う~。

二人のRYOKOがお互いを観察してる、みたいな。

どっちもアリだなぁ。
どっちも好き。

花とおさかな、うふふふ、いい感じ。。。







前とはまたちがう旅に、こぎ出したようです。

野島さんも変わってた。

自由度があがったって言ってたけど、たしかにあたしにも、音がよく聞こえてきた。

どれもクリアで、うれしそうに響いてて、
間奏をもらってる間に、イメージがぐんぐん引き出されて、わ~、ラクだな~。

あたしを、メロウにしてくれる。



求めて、もう一度はじめようって決めたから、
そこからもまた、9ヶ月も寝かせた今だから、
熟してる。

どこで見ても、のじけんが笑顔になってるのが、うれしかった。

もしかしたら初めてかも、こんなに安心して自分をゆだねられたの。

前より二人で、大人のセッションできてるの、感じました。



たったひと夜の宴、ですからねぇ。

芝居とちがって、儚さはマックスです。

このセットで、もっと何回も出来たらいいのに。。。



でもね、その思いが、この先を開いていくのだよなと、それも実感しました。

歌いたいですねぇ、今、とても、とても。

歌いたい歌、いっぱいみつかっちゃって、早く出したくて。

ってまだ本番おえてもいない内から、もう次のこと?

素晴らしい。(笑)







そういえば、もしかしたらワダシ、百日咳ってヤツになってたかもしれません。

今は、ほぼおさまったんですけど、ちょっと前まですごい勢いで咳いてて、
眠っても何度も目を覚ましてました。

一時は肺閉塞かっ、とマジでビビりまくってたんですけど(笑)

のじけんから、この夏ヤられた、山岸もそーなんじゃないの?と言われて、
あ。



よかったよ、すでに終息期に入ってくれて。

今も、忘れた頃に急に咳き込んだりはしてるんですけど、
ひとつ時期がズレてれば、エラいことになるところでしたからね。

どこでもらって来たかなぁ、不思議なんだけど。



不思議といえば、リガクさんにもらったハッカ飴ですよ。

別になんのことはない、普通に売ってるちっちゃいスースー飴なんですけど、
療法中に一粒くださって、口にしたら、あ、あれれ?

咳、ピタッとおさまっちゃった。

って暗示にかかりやすすぎだろアンタ。(^o^;)ゞ

まあ、でも、百日咳が百円で治せるなら、いいじゃありませんか(笑)



これがあれば安心。。。ライブでもお守りにします。







大雨が降って、これで季節もぐっと進むのかもしれませんね。

今年の夏は、なにげに色々ありました。

とてもゆったりとした、いい時間だった。

たぶんこの先、よく思い出すことになると思います。



晩夏の流れは早くて、秋になるのがちょっとコワい。

ライブが終わったら、一気にさびしくなりそうで。

待っているのは、華やかな秋ならいいなぁ。
燃える秋がいい。



   惜しみなく 愛は与う

   惜しみなく 愛は奪う


どっち派ですか?

突然ですが。(笑)



愛を与うた人は、トルストイ。

奪った人は、有島武郎。

82歳で家を出て、駅舎で亡くなった作家と、
45歳で人妻と、軽井沢で情死した作家。

愛に悩んで、愛で命を落とした二人ではあるのですけれど、、、烈しい、どっちも。

惜しみなく育む愛、ってのはないんかい。(-、-)







ここ数年、よく頭に上ってくるのは、三島の言葉です。


   恋の至極は 忍ぶ恋


高校のときに書道の先生から、この墨書きをいただきましてね。

ヤダよそんなの、ドMじゃん!とか思ってた。(笑)

てかなんで、卒業記念にコレ?って。

たしかに、熱き血潮のをとめごには、ヒネリ効きすぎで、そりゃ意味不明。(^o^;)/



でも、おかげでこの、忍ぶ恋の謎は、ずーっとどこかにまとわりついて、
底の方で自分の指針になってきたのかもしれないと、気づきました。

今にして思えば、山岸に一番響きそうな言葉を選んでくださったのだなと。

ええ、いわく、「落ち着け。」と。(- -;)ゞ

恐るべきかな恩師、ありがたくも一生モノの教育的指導です。(笑)







うん、、、そうなんですよね、今、オトナになってきたら、
自分が心から好きだと思える人に会いたいなぁと、思うようになってきていて。

愛はイコール、確かに奪うことだった、愛されたい、その方が大事だった。

何があっても、なくても、ただ好きというシンプルを通すのって、
意外にやれてなかったかもしれない、なんて、顧みてしまいまして。



そのひとすじの前には、相手の気持ちなんて、実はどうでもいいのかもしれない。

ただ好き。



人生の晩夏を少しだけ意識するようになって、とても、
そんな人が欲しくなりましたね。

色に出にけるものも、げに忍ぶ恋ではありますが。(- -)

また出やすいんだけどさぁ、あたしは、どーどーどー。(笑)



しかし、と、するならば、惜しみなく愛を、与う派、なのか?あたしは。

まあ、若いころは憧れましたけど、もはや情死は、ヤダもんなぁ、
育みたいわよ、愛はぁ。

それが忍ぶ片恋なら、それもまた、そうとう烈しいものなわけで、、、
どこまで貫けるか、そんな自分を見てみたい。

とか、思ったりもするのですが、ご縁がなくちゃ始まんないんで、うわ~。(^o^;)/







てなわけで、来た来た、秋、来ましたよー、具にもつかないモノ考えだした、
これが証拠です。(^o^)v

この勢いで、いい詩がいっぱい書けたらいいなと、結局、
現実に向かうのね。(笑)





                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2010-09-10 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ