劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

                      *  *  *



きのう通しをしました。

全編もらって4日目で、まがりなりにも全員台本をはなして通したというのは、
よく考えれば大したことなんですけど。

撃沈しました。。。
↓↓↓↓↓↓

もおーヤダー!芝居なんかやめるっ!
こんな無能な人間が舞台になんか立っちゃいけないーっ!
ダメだ、この芝居、幕あけられない、いよいよ劇団滅亡の作品が来たのかっ。

気分はどん底まで落ちに落ち、もはや今日のコ返しは背水の陣。
ケツまくって (し、失礼 (- -;) )、いきなりキャラ、180度かえて立ってみました。

らば、、、あら?
あらららら?みんなも、キャラかえてきて。。。

↑↑↑↑↑↑
水底の難破船、急浮上。
すぷらーっしゅ!

ひゃら~!やったやったー!
この芝居ではじめてクリアに澄み渡った青空をみたわっ。

楽しいじゃないのよみんなったら、かわいいわっ、いとしいわっ。
なんかイケそう。
やっと、文字に体温もたせるところまでこれたきがする。

は~~~、ぢかれたび。
長かったっす。。。 (_ _||)

明日からは昼夜稽古です。
ま、月曜からはタタキなんだけどぅ、でも、
強制労働前に二日も芝居三昧の時間を送れるなんて、し、しわわせすぎる。(T T)

また明日には、イヤーっ!もうやめるー!
と言ってるかもしれませんが、コーポ桜木の15中年 (わこうども若干名含む)、
港めざして大海原を、手漕ぎボートでかき続けます。

えっさ、おっさ、えっさ、お、おっさ、え、え、っっっさか、おおおっさか、おっ、あぅ。。。

~ 中目黒マンション地下からのライブ音声でした ~


                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2009-11-28 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
                      *  *  *


なんとこの二日で、あたらしく来た50ページをヤッつけましたヨ。

まあまだ、セリフはつっかえつっかえですが、
それは記憶の問題ではなく、実感をともなえていないからスラスラ喋れない、
ってことなので、彫刻でいえば輪郭をけずりだしたところ。

ここから、深い彫りこみに入っていくって感じですね。
ああでもないこうでもないと試しながら、だんだん向かうべき方向とか、
造るべきキャラがわかってくるのです。

こうなると、稽古場だけの作業ではとどまらず、
ごはん食べてようが電車にのってようが、何でもかんでも、
今かかえている役に結びつけて思考するようになるのが、役者というイキモノ。

あたしも、さっきエレベーターの中で小ネタをひらめいたんだけど、……あれ?
コレってもしかして、ギャグのレベル越えてキャラの幹にできるカモ?!
という発見をしてしまいました~。

ウレシイ~、浮かれる~♪
早く試したい~。

でも、明日は女子部はおやすみ~。
今回はじめての、そして最初で最後の休日です。
この発見で通るものか、じっくり読み込むぞお。

はぁ。。。でも、明日のおやすみは本当にうれしい。
一回、こころからダラ~っとできる日があると、
これまでに貯めてきたモノたちの整理整頓ができるからね。
(家の整頓はあとまわし (^o^;)ゞ )

ホンが本当に面白くできてきたので、やっと安心してご案内もお送りできます。
いや、そこが心配だとお声がけもできないのは、人情ってモンでしょお?(笑)

ひさびさの、リブレらしい集団お座敷系芝居です。
楽しくなってきましたっ、タンタンタン! (←飛びあがって足で拍手する音)

みなさまへの、ひとあし早いクリスマスプレゼントに、できたらいいなぁ。


                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2009-11-25 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

コーポ桜木、出走の朝 

                      *  *  *

   

ホンが上がりました。

構想は聞いていたので、どう整えられていくのか楽しみだったのですが、
えー!この人じゃなくアノ人がポイントゲッターだったんかいっ (@o@)/

というようなチョットしたサプライズなどもありつつ、
面白い物語になってると思います。
あとはどれだけ見せものレベルにまで持っていけるか、、、

いよいよ演出稽古がはじまる。

逃げ場ナシの戦闘開始、です。

休日は昼稽古なので、夕べはほんっと久しぶりに早く帰宅できて。
疲れもピークにきてたので11時には就寝、ルンルンの10時間爆睡、するさ♪
と思って目覚めたら朝の4時。。。

なんでだおぉー、半分もイってないじゃないかおぉー。(T T)
だめだ。
夢のなかでも瀬戸と江頭にセリフの説明してたし。。。脳、寝てません。
がっくし・・・(_ _||)

基本、ポップ。
ちょっとファンタジック。
大真面目におバカ。
よくよく気づくと、かなりブラック。

そこ、行けたらいいんですけどね。

ぬああ~、せめてあと3時間は寝たいのに、台本読んだら完璧に覚醒しちゃう、
から、日記なぞモノして眠気を待ってみているのに。

結局、、、読んじゃうんだろうな。

今日は昼夜ぶっとおし稽古です。
気分は競走馬。
ぶるるん。


                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2009-11-23 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
                      *  *  *


稽古はだいぶ進んできました。

今は役者だけで動きをつくる、自主練の時代なんですけど、
これ、ウチの場合けっこう大事で。

自分たちでいじってみたらこんなん出ました~、と、
演出にプレゼンするための、骨組みをつくるのですね。

それが演出意図からはずれていたら、すみまっせーん、とすみやかに撤収(笑)
採用してもらえたら儲けモンです。

1から10まで演出をつけられるということは、基本、リブレではありません。

もしそうなった場合は「ベタづけ」と言って、
はしにも棒にもかからないヤツ、と烙印おされたのと一緒なので、
ウチの役者にはこのうえない屈辱なのです。(笑)

今回は集合芝居なので、一丸で気を合わせないとシーンにならないのですが、
このところ、役割がみえてきてチョットおもしろいです。

松戸は全体のビジュアルを整えるのが得意、
橋本は笑いを主にしたスパイス担当、あたしは物語や心情の方向軸をみつける、
そこに1日1回ぐらい、「今ちがってると思います」という倉林の一刀両断があって、
あたふたと修正がはじまると。(笑)

おおむねこんな具合で、稽古態勢のリズムができてきましたね。
素晴らしき分業、これぞマニファクチャーの世界。(^o^;)/

今日、あ、げっ?!と思いついたことがあって、
稽古後に演出に確認してみたところ、合ってるということだったので、
明日はそれをみんなに提案してみようと思ってます。

あたし、正直リブレの作り方ってよく分かってなかったんですけど、
(えーっ、旗揚げからいるのにっ?!)
ええ、っていうか疑問が多かったんですけど、
なんか今回の稽古で、やっとどういうことか掴めた気がして。

んーと、お客さまが「リブレの芝居」に求めていること、ね。
分かってみると、あたしってば意外にソッチやりたいかも、と、
なーんだコレ、べつに誰にも怯むことなかった、みたいな、、、、

よくわかんないと思いますけど(笑)、ノリ方が分かればアイディアも湧くってもんで。
まあちょっと、ほんとにチョットね、開眼したかなぁなんて思ったりも、
してたりなんかもしたりして。(自信がないので煮え切れない。 (^o^;)ゞ )

すっごい苦しい稽古なので。
コーポ桜木には出口がないんですけど(あ、口スベった!)
今はまさしく、稽古もそんな感じで。

とても稽古場日記を書けるモードにもなれないぐらい、ほんとに、
みんな苦しんでますねぇ、今回はまた特に、ねぇ。

うん、でもね、やっぱり自分で苦しまないと、何も得られないですよね。
新しい答えが得られなかったら、実は苦しんでなんかなかったってことかも、
とも、思います。

一人の発見が全体の熱を引き上げる、そんな稽古場があたしの理想で、
たぶん今、日を追ってそんな風になれてきている気がしてます。

明日、明日にはみつかるさ。
うん、間違いなくイイとこまで来てる。
ひゃー時間との闘いーーーー、がんばるぞーーーー。


                      *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2009-11-21 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

太陽とみずがめ 

                      *  *  *
  丸諒の関心ポケット (^o^)v


丸諒が最近、わ~!って思ったもの、それは、スマートグリッドってやつです。

えーと、昨今、電気自動車が話題になってますよね。

Co2 も出さないし、静かだし、丸諒、自動車が全部これになったら、
すっごくいいナ、と思ってるんです。

けど、するってーと電気がいるわけだから、原発が増えることになるのか?
と、そこが不安で。



丸諒、この発電システムには反対なのです、こわいから。

だって、たった1度の事故が壊滅的な被害をもたらしかねないなんて、
人類が気軽に使いこなせるレベルを超えてると思うんですよ。

だからね、ステキだけど、電気の自動車が増える方向にいくの、むむむ、、、
とも思っていたのです。

したらば、ちゃーんとそこ、クリアするシステムが開発されてたんですね。



ポイントは、今これまた話題の太陽光発電。

お日さまのチカラをもらって、自分んちのエネルギーは自分ちでつくるです。

それで、電気自動車は、夜、家のコンセントにブッとさして充電しとくの。
そう、自動車って、じきに家電になっちゃうんですよっ。(@o@)/

車はまたでっかいから、逆におうちのための巨大蓄電池にもなるんですって。
自家製の生活エネルギーが、家一軒の中で循環するのです。



ってことはヨ、たぶんおうちでは火を使わなくなるです。

ごはんつくるのも、お風呂たくのも、
ほとんどぜんぶ、自分ちのお日さま電気でまかなえるわけですよね。

となれば、原発、、、いらないよね。

つばらちー!素晴らしくないですか?

スマートグリッドとは、
これをオンライン管理して (ぐーぐるがやるって決まってるらしい)、
あ、ここんちで今電気たりてない、じゃ、こっちの家のをまわしてもらおう、
とか配分するシステムのことなのだそうです。



これって、もしかしたら人類史上最大の、文明革命なんじゃないだろうか。

今までは、地球にあるモノをあるだけつかっちまう発想でしかなかったけど、
このシステムは、無害で無限のエネルギーを獲得するってことですもの。

これが実現したら、きっと世の中のすべてが変わりますよね。

たぶん、ものの考え方も価値観も、もしかしたら、
ひとの生き方まで変わるかもしれない。

やっと、人間が、その頭脳をつかって未来をきりひらく時代がきた。



丸諒がうれしくなっちゃったのは、、、いたく感動したのは、
実にこの、人間の時代がほんとに来た、って実感になのです。



ほんとに、というのはですねぇ、
今は、水瓶座---アクエリアスの時代だって、聞いたことないですかね?

スピリチュアルの方面での考え方なんですが。
100年紀はセンチュリーでしょ、1000年だとミレニアムですよね。

2000年紀、というものもあって、それを“アイオーン”というのです。

平たくいうと、価値観のひと区切り、って感じで、
ある時代が2000年続くということなのですけど。



ちょっと乱暴な説ではあるようなんですが、
天の春分点は、おおよそ2000年ごとに次の星座に移動するので、
ひとつのアイオーンを、○○座の時代と呼ぶわけです。

で、これがまた不思議と、
人類の軌跡に、星座の特徴が一致してたりするんですよね。。。



たとえば、6000年前から4000年前までの、おうし座の時代に、
国家と文明が起こって人類が繁栄しはじめた、この星座の象徴は「農民」、

4000年前から2000年前までは、おひつじ座の時代で、
力の拡大をはかって戦争が多かったのだけれど、おひつじ座は「軍人」の星、

2000年前から20世紀の終わりぐらいまでが、
キリストの出現によって精神性と向きあうようになった、うお座の時代、、、
これ、セラピストの星なんです。



なんだか合ってるでしょお?
偶然なのか何なのか、魚ってキリストのシンボルだし、、、ゾゾ~ッ。(笑)

で、次が、水瓶座の時代なのです。



わたしたちが経験した21世紀への変わり目は、
単なる世紀末ではなく、アイオーンの変わり目でもあったというわけで。

そんなすごい変革期だとしたら、いったいぜんたいどんなことが起こるっ?
と、なので丸諒、とてもワクワクしていたのです。

水瓶座が象徴するものの中には、テクノロジーも入っているので、
この急激なネット社会への変化は、さもありなん、なんですけど、、、

もうひとつ、いちばん大事な象徴があって。

水瓶座って、ヒューマニティの星座なんです。



コレが、ねぇ、、、科学技術はどんどん発達しているのに、
現代は、肝心の「人間らしさ」から、ますます離れていっているようでしょ?

だから、あと100年ぐらい先のはなしかなぁ、なんて思ってたのです。

そしたらこの、お日さまとテクノロジーの融合プロジェクトですもの。

あーこれだ!って感じじゃないですか?

ほんとにキタねと、、、生きてるうちに立ちあえるとは思わなかったよと、
丸諒、ジーンと(笑)しちゃったわけです。



まあ、実現までの問題はいっぱいあるでしょうけどね、
集合住宅のソーラーシステムはっ?車はいいけど飛行機どーすんでい?
とかとか。

でも、軌道にのるまで100年ぐらいはかかるでしょうから、
その間にはさらなる上策もみつかって、必ずよりよき世界になるでしょう。

だって、時代の---歴史の、かな、求めに合ってるもの。



アクエリアスエイジ、なんですよ、あたしたち。
まちがいなく水瓶座の時代を、生きているんですね。

今の米の国の大統領も、まさにそういう人ですよね。
前の人が石油屋さんじゃなかったら、もっと早く進んでいた話かもしれません。

って、うちもアブラ屋なんで、
こんなこと書いたら父ちゃん泣いちゃうんだけどねー。(^o^;)

でも、いいことですよ、
これは、確信をもって人が獲得するべき、ホンモノだと、丸諒は思います。



ああそう、水瓶座のほかの象徴は、「未来」。
そして、

「希望」です。


       
                     Jhon William Waterhouse “The Danaides”



みんな、元気でた?(笑)


                    *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2009-11-03 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ