劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お話おはなし

              *  *  *

子どものころ、はじめて読んだ本ってなんだったか、おぼえてます?
あたしは「一寸法師」だったと思います。
水面をお椀の舟でこいでいく絵が、強烈にのこってるんですよね。

緑の大きなまあるい葉っぱと、黒いお椀と、青いはかまのいっすん法師。
ポッカリポッカリ、浮かんだ睡蓮のあいだを、太い眉毛して、
一生懸命こいでるんです。
きれいな、かわいい絵本でしたね。

それは自力で読んだおはなしで、
はじめて覚えたのは「桃太郎」だったみたいです。

三つちがいの弟が生まれてきた時に、病室で、
「桃太郎だ、桃太郎だ」と飛びまわって、
看護婦さんにシーッてされたのを、覚えてるんですよね。

このね、小さいころにインプットされたお話って、
なかなかに侮れないものがあると思うんです。
というのはね、

あたしは、芝居とかでも、初日までが好きなんですね。
もちろん、本番がきらいってことではないんだけど、
そこまでの浮ついた感じは、ちょっと特別なの。
家に人を呼ぶ時とかも、来る前の、あれこれ準備している時間が楽しい。

逆に一番イヤなのは、後片付けの時間。
すっごいさびしくなる。
なので、バラシの時に舞台まわりにいたことないです。
セットを壊すのを見るのが、どうしてもイヤで。

でも、この“祭のあと”の方が好きだって人もけっこういて、、、
一人なんて、自分が完結した気になるから、破壊は派手なほど好き、
とか言ってて、ひ~え~。
びっくりしましたねぇ。

それで考えたら、あたしはこの、新しいものが来るぞ!
ってワクワク感が好きで、
それって、あの一寸法師の船出が原点なのか?
なんて、思い当たって。
そうしてあたしは、果物の中で、桃がいちばん好き。。。

(笑)関係ないかなぁ。
でも、なんか摺りこまれてる気がするんだよなぁ。

そう言われてみると、エンディングにはあんまり興味ないかもしれない。
「ラブンツェル」なんて、王子様が髪の毛を命づなに塔に昇ってくる、
そこから先、ぜんぜん覚えてないですもんね。

「シンデレラ」も12時の鐘が鳴るまで、「白雪姫」も毒リンゴ食べるまで、
「眠り姫」も糸車に刺されるまで、オバマもヒラリーを破るまで(ん?)
ここから先は、なんか、あんまりどうでもよくなっちゃう。

ホン書いてても、事件のはじまりを打ってる時が、いちばん楽しいなぁ。
バンジージャンプテストでも、飛び込む瞬間がドキドキのマックスだし。
(そういう心理テストがあったんです、桃色な方面の特性を見る(笑))

あとね、何かあるとつい思い出しちゃうお話、ってのもありません?

あたしは「北風と太陽」なんですよね。
子どものころは、よく意味わかんなかったんですけど、
今は、自分の戒め?なのかなぁ、なーんかこの話をよく思い出すんですよ、
いい時でも悪い時でも。

こないだ、弟のは「ありときりぎりす」だって分かって、
爆笑したんですけど。
いや、昔から、優雅に暮らしたいとかふざけたことをほざいていたので、
いちおう気にしてたんだぁって思ったら、可っ笑しくなっちゃって。

持ってないですか?そういう、なんだか還っちゃうお話。

・・・いずれね、お年寄りのための朗読テープとか、作ってみたいな、
と思ってて、
そんなことを考えていたら、なんだか真逆の方向に思考が飛んじゃった。

そう、ずっと忘れがたかった物語があって。
前にも、ここで触れたことがあったかな、「けしの花」というんですけど。
それは美しい絵の、不可思議なおはなしで、インドの童話なんですね。

でも、残っているのは美しさの印象だけで、
お話の本当のところを忘れてしまっていて。

長年さがしてたんですけど見つからず、業を煮やして、
“おしえてぐー”に投稿してみたら、親切な方がご回答くださって、
やっとただしい筋書きを知ることができたんです。
いい世の中になったよなぁ。

今は、「ポストマニ(芥子の花)」という名前で呼ばれてるんですって。
昭和23年の初版本というのを、
もしかしたらあたしは、巡り巡って読んでいたのかもしれない。

月日がたっても、胸に深く刻みつけられているおはなし。
どんなに記憶の壁が高くなっても、決して忘れられない物語。

たぶんそれは、その人の魂にも触れるような場所なんじゃないかと、
思って。

暮らしにまみれると、そんなこと、遠くへ行っちゃってますけどね、
ちょっと思い出してみると、なんだか随分、
やわらかな気持ちになれますね。

子どもたちには、いいお話をいっぱい知ってほしいですよね。
人は子どもに帰っていくから。
そのお話が、みんなも知っているおはなしだったら、
とーってもしあわせじゃないですか。

輪が和になる。
そんな感じで。


  -----------------------


PCの調子が悪く、
コメントノートにこの記事のページを作成できませんでした(涙)
よろしければ「冬がくるまえに」のコメ欄をご利用ください。



              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-11-29 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

冬がくるまえに 

              *  *  *

  
             実家の裏側からの眺め
             雪雲のなかに、白亜のアルプスが隠れている

数日、帰郷してました。
懐かしい、そして、
自分が置き去りにしてきた、人々と、
久しぶりすぎる邂逅をしてきました。

法事だったのでね。
いろいろ、突然、気づかせてもらえた旅になりました。
亡くなった叔父に感謝です。

いつもひそやかだった、綿のようにやわらかく真っ白な、叔父の徳は、
此岸をはなれてもなお、やはりこうして、発揮されつづけているのだな……
あらためて心から、敬服しました。

長いこと、、、それは長いこと、
ずっと癒えないままにきた傷があって。

できるかぎり遠ざけておこうと、ひとごとのようなフリをしつづけようと、
凍ったまま放ってきたのだけれど、、、急に、とけて。

どうしても、許せなかった人がいたんですね。

そのままで永の別れになってもかまわない、
そうまで思っていたのに、
今まで見えなかった別の姿に出会うことができて、
気づいたらはじめてその人のことを、あ、好きだな……と思っていました。

この人も、天使だったのだなと。

その心根が、うそのようにまっすぐ流れこんできて、
その顔をながめていたら、
なんだか、冷たいものがすべてなくなっている自分に気づきました。

何を見てきたんだと、自分を責める気はないです。
それがあったから、この気づきに巡りあえたとも、思わない。

ただ淡々と、
ああ、来たか、来ることに、なっていたか、という安らぎだけ、
ですね今は。

いいも悪いも、すべてを流していっていいと。
あるがまま、それが気持ちいい。
それだけでいいと、ね、思ってます。

だって、こういう日が来るとは思っていなかったから。
好き、だなんて、天使、だなんて。。。

もう、ほんと、いいも悪いも、余計なものはつけたくないな。

恩讐の彼方、と、言ってしまえばまあ、そういうことかもしれないけれど。

讐を捨てたら、不思議なもので、
恩ということを真剣に思いはじめたかもしれません。
それも、あまねくすべてへの恩、ですよね。

単純だよなぁ。。。苦笑ですよ。

うん、、、これがやっぱり、自分を阻んできたものだったのかな。
昨日よりは、少しだけ大きな自分に、なれるかな。
なっていけたらいいな。

今年はほんとに、、、呆れるほどの変化の年でしたねぇ。

RYOKO という、目に見える新しいページを繰っただけでなく、
精神的にも、とても、とても、変遷を体験した年でした。
春あたりの悩みが、10年ぐらい前のものに思えるわい。(-_- )

でも、今までめくってきた、どんなに派手なページにも、
透かし模様のように、シミのように、気に障る、同じことが隠れていて。

今回の旅で、それがはっきり1ページになって現れた。
めくってみたら、それは思いがけず、
香華のようにきよらかな世界だった。

よかった。

40年つき刺さってきた氷の刃を、自分で解かすことができた。
そうして、大きな恩愛をいただけた。

いい旅だった。
いい年になった。

よかった、間にあって。。。

できることから、一つづつね、やっていこうかなと思ってます。

無理しないで、気分まかせは相変わらずだけど、
たぶん、その気分が、前とは少しちがうところに因って立ってる、
そんな気がするんで、
なんか色々、変わってもくるかなと、ね。

そんな自分を楽しみたいと思います。


なんじゃろなぁ、最近、吐露が多いね。
しかもすこぶる分かりづらい主語抜き三昧。
こんなんコメントの付けようもないわなぁ、たはは、すんません。(^o^;)/
まあ、もの思ふ秋、ということで、、、
季節も、人生もね。

でも、一番好きなので。
冬は。
うつくしいんですよ、一番。


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-11-26 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

ジャズシンガー

               *  *  *

  そうなんです、今回の赤坂は、
             どなたにもお知らせしなかったのです。

なんかねぇ、とても苦しかったんですよね~、歌に向かうことが。
何のために歌うのか、
どうして歌うのか、
どうしたいのか、
わからなくなってて。

実はこれは、この夏のあいだに積みかさなってきた思いで、
芝居を経ればきっと答えがみつかる、と思ってたんですけど、
なんだかかえって分かんなくなっちゃって。

やめる、方が、いいのかなあ。。。
そんなことまで、実はね、思ってしまっていたのでした。

それで、こんな気持ちじゃ自分のお客さまに向かえないよ、
呼べないよって。

のじけんに、気持ち聞いてもらいたいと思ったりもしたけど、
自分でも整理のついていない、しかもこんな内容を、
ほかならぬ野島氏に吐露るのは、あまりにデインジャラスと思って、
そのたび我慢して。

で、出した結論が、ゼロに戻る、だったんです。

とにかくちゃんと一人で立つ。
そうして、世界、というか外に向かって、あたしはここにいるからって、
自分で叫ぶ。

だって、RYOKOには、そもそもゼロがなかったから。
はじめから、一等客室にむかえいれてもらって、
苦労のない旅路を運んでもらえる、
でも行く先がわからない、わからないまま旅を続けている、
そんな感じだったから。

行く先は、自分で決めないとダメなんだ。
そんなの、乗ってからだって決められるのに、
そんな当たり前のことにさえ気づけないまま、秋まで来てしまって。。。

もういちど乗る、となった時に、すごく怖くなっちゃったんです。
このまま乗ったら、たぶん自分、ダメになる。
歌い手とか、表現者とかいうそれ以前に、ひととして。
だってそれって詐欺師といっしょ。。。

それで、あたしのゼロを探してたんです、その日、その瞬間まで。

それは、はじめからの味方でいてくださる方がいたら、
できないことだったから、
ほんとに、崖から飛び下りる覚悟で、誰にもお知らせしなかったのです。

歌なんだから、楽しいことがまず、なんだから、
もっと気楽にやればいいじゃん、人からも言われ自分でもそう思うけど、
あたしは、ダメなんです、それじゃ。
というか、楽しくなるための何かが、なくて。

だから楽しいんだ、の、だからが欲しくて。
うん、それがゼロなんだ、ってわかって。

なんか、、、今は、、、みつかったみたい。
あたしが歌う意味が、夕べわかった。

それが何かは、恥ずかしいから言えないけど、
そう、楽しかったんです、掛け値なしに。

ステージを進めるあいだに、その「意味」がどんどん深まっていって、
それが、自分の心そのものだって気づいて。

その心のまま、音に自分をあずけたら、
未知の扉がどんどん開いていって、
はじめて、、、自分の身体が楽器になっているのを感じた。

ジャズって面白い。
ほんとに面白い。
お客さまともだけど、音とも、
一期一会。

いま出た、これは、二度と出て来ない。
同じ曲なのに、二度と同じことができない。
同じことをやろうとしなくていい。
気持ち、その時の真実。
なんという自由。

・・・これがジャズなんだ。

自然であること。
自然をさしあげること。
ああ、そう、セッションっていわれてるじゃないか、そもそも。
それは、プレイヤーの自由な音の響きあいのことだと思ってたけど、
ちがう。
もっとすべての、「自然」の融合なんだ。

これは……ハマるよ、知ってしまったら、きっと誰もが。
うん、大丈夫だあたし。

自分でつかんだ、たぶん本物の楽しさ。
今までとは、見えるものがちがう。

思いました。
歌っていける。
ちゃんと、ゼロから自分の1を、みつけられた。

これだけ長いこと舞台をやっていながら、
芝居の1もしょっちゅうブレるんだから、推して知るべしだけど(笑)
でもね、その1は、歌も芝居も同じものだった。

あたしがやる意味。
あたしの1。
それはひとつしかなかった。
よかった。

のじけんとチョットゆっくり話せて、思いがけない言葉をもらって、
まあ本人はもうすーっかり頭にないと思いますケド、
それを聞いた時に、あ……すくわれた、ご褒美だ、と思いました。

そうして、こんな言葉をもらえるってことは、
あたしはホントに追い詰まってたんだなって、
だから今日つかんだものは、もらったものは、本当のことだなって、
思いました。

いらしていたお客さまに、お芝居と歌とどっちがメインですか、
というようなことを聞かれました。
どっちもですよ。

自信をもってそう言えました。

早く歌いたい。
あたしの1を豊かにしたい。
そうして、目の前の人に、ありったけを届けたい。

は~、やっと、、、やっと見定まりました。
やっと、RYOKOが生まれましたよ。

なんだか、いつにも増してわかりづらい文章。
肝心な、何をみつけたかについて触れてないからですよね。
でもヒミツぅ~。
おい!

(笑)それはね、歌で伝えます。
ジャズシンガーですから。


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-11-13 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

白船  

              *  *  *



 草の穂の 果ての名残りの夢のあと

黒船城をバラしてきました。
い~いお天気で、、、建て込みの日々もこんなだったら、
もっとちがった心持ちで初日を迎えられただろうか、
なぞとつい、思ったりもしながら、粛々と。

建てるとなると追われることばかりで、ゆとりもない分、
浮き足だつ高揚感で、目もらんらんと光るような状態でしたが、
終う日は、時間を気にしながらも、やはりどこか落ち着いた空気で、
みんなも口数すくないように思えたのも、
何か、ひとつひとつが胸に返ってくるような気がしていたからですかね。

ずーっと再会したかった景色を撮りました。
いつも楽屋から裏へ回るときに見ていた、白い景色。

おりょうは、芝居なかで脱いだあと、ニ度目の登場のための着付けを、
なんとそのまま二階に残ってやってたのです。
診療所のシーンの真上で、神谷にきてもらって、こっそり(笑)
芸者の仕度はとても時間がかかるので、
楽屋まで行って来いしてるヒマがなかったのです。

で、幕間休憩になって楽屋に戻ってきても、
今度は襦袢からの全とっかえと、おぐしのお直しがあるので、
なんとか一息つけるのは、ABCの寺子屋シーンが終ったころ。
でもまだこの後、緻密な音合わせをしているために絶対セリフを噛めない、
ええじゃないかのシーンがあるから、むしろ緊張はピークなんですけど。

そのドキドキを鎮めるために、外に出て、
闇の中に白く浮かび上がる、半月型のインターコンチネンタルと、
大観覧車の青や緑の光とが作り出す、
この場とは、おおよそ不釣り合いに近未来な景色を眺めるのが、
日課になってたんですね。

黒船では、
あたしはみんなにずいぶん迷惑をかけていました。

体力がなくて、みんなの十分の一も働けていなかった。
初日に間に合うように、誰もが鬼になって、
やってもやっても終らない労働の泥沼の中で疲れきって、
人を思いやるゆとりなんて、求める方が酷なぐらい、辛い現場でした。
今だから言える。

そんな中で、あたしは一人、みんなから庇ってもらっていました。
誰も、一言も、そんなことは口にしなくて、
疲弊する仕事は振らないように、端からはずして考えてくれているのだと、
わかったのは、初日があけてからでした。
本番中でさえもあたしには、さりげなくテント番を免じてくれていた。
それなのにあたしは、大きく誤解をしていて。

来る日も来る日もヘドロにまみれながら、命を削るようにして小屋を作る、
そんな重労働を回されず、稽古場にいるように言われたのは、
あたしが一人、言いづらいことをもの申して、勝手をしているからだと、
小道具というちまちました部署を言い訳にすればいいよと、
思われているような、そんな疑心暗鬼で、
ゲッソリとやつれ果てた不機嫌なみんなを迎えるたびに、
ずーっと、責められているようで、こわかった。

舞監の青木に、テントで働きたいと言ったら、いいよ来なくてと言われた、
来たって役に立たないんだからと言われているように聞こえて、
それが悲しくて、この集団にいるということの意味まで、
問うている自分が腹立たしく、なすすべなく。。。

情けないことに、腑甲斐ないことに、そんなことを思っていたのです。

本番の何日目だっただろう、
お客さまの歓声を遠くに聞きながら、つかの間、
すいかを切って立てたような、白いホテルを眺めて、
ふと気づくと、煙草を吸いにきた青木が横にいました。

大学時代から変わらず、口下手なのに伶俐な青木さんとは、
あまり話の接ぎ穂がなくて、つかずはなれずの距離できた、27年。
今夜も、少し迷ったけれど、同じものを眺めているのに気づいて、
言ってみた。

 あたしには、あれが、船に見えるんです
 え?
 ほら、すいかのホテルが帆みたいで、下の建物が船体みたいじゃない?

あ、ほんとだぁ~、と笑った青木の声は、子供みたいな声でした。
ふふふと返して、また何ごともなかったように戻る青木を見送って、
あたしは、
ちょっと、
困った。

何か、だいじなものを共有してしまったような、
思いがけず、あたたかい水が、何週間ぶりに急に逆流して、
足下をさらわれそうな、そんな感覚になって。

そうして、それが横浜にきて青木と交わした、
はじめての「会話」だったことに気づいた。
その時、、、あたしは庇ってもらっていた、ということに、
気づいて、
泣けた。

会いたかったんです、あの場所の、あの角度でしかダメな、
すいかのホテルの白い船に、だから。
再会したら、終る。
前に進める。
そう思って。

そう、あたしにはこう見えてるの。



みなとみらいには、
黒船のうしろでずっと、かいなを広げて見守ってくれていた、
もうひとつの夢の船がいましたよ。


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-11-06 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

社会復帰はWeddingから♪

              *  *  *

昨日は、旧知のカップルの結婚式で一日おでかけ、
ということになりました。

まだヒザの調子が激しく不安な状態で、
久々の長歩きは、おっかなびっくりのゆっくり道中でしたが、
明日はまた、いよいよテントバラシという地獄の釜の蓋があくので(笑)
元気と自信をもらえてよかったです。

新郎新婦は、
あたしがはじめて客演させていただいた、時代劇のメンバーだった二人。
そうです、黒船写真館で触れた、ポンとはじめて出会ったというアレです。

総勢60人で3作品3チームでの新春公演、という企画だったのですが、
うちのチームがいちばん仲がよかったらしく、
その異様な盛りあがりは他から呆れられるほど、
朝まで呑んだくれてそのまま芝居、また呑んで、どひゃーまた朝にっ、

ってこれ本番中の話ですよ。
ナメてましたね~(笑)

でもそんなぐらいだったので、本番のテンションも絶好調で、
あまりの楽しさに別れがたく、
終って温泉一泊打ち上げ旅行までヤっちゃった。

その後も、ポンちで焼き肉パーティーをさせてもらったり、
黒門町(これではじめて行った)に集まってもんじゃ会をやったり、
忘年会、新年会と、子供みたいにわいわい喜んでは集まって。

年代もバラバラな組でしたけど、気分はもう青春のひとコマってヤツで、
その中から生まれたカップルです。
あたしゃ、煽りにあおって焚き付けてて、ずーーーーーーーっとウォッチ!
してましたからね(こわいって)
本物の恋になった瞬間も、はい、ちゃんと見てましたです。

7年越し、ですぜ。
よくここまで来たね。。。

実は、昨日は人前結婚式で、先に新郎が登場したわけですが、
彼の、真っ白な姿を見た瞬間、不覚にも、涙がぼわーーーっ!
もー、止まんなくなって、往生しました。

普通、これって花嫁姿でキますよね、なぜココで泣く?
ヘタしたら、好きだったんかいこのおばちゃん?!的誤解も呼びかねない、
不穏な絵ヅラに見えたらのーしよーとも思いつつ、
止められなかった。

彼、マスヒコちゃんは、
実は、Rose Garden 旗揚げ公演『かわいい幽霊』の出演者だったのです。

その清潔でひたむきな、澄んだまなざしで、
いろんな思いを乗せてやっとひらけたこの薔薇園のはじまりを、
そっと、けれどしっかりと支え続けてくれた、かけがえのない人。
ここで芝居できることが嬉しいと、本当にいつも楽しげでいてくれた。

彼の、ちょっとないぐらいの、
目千両ならぬ「花の笑み千両」を、お客さまに見てもらえる、
そういう、プロデュースする喜びというものも教えてくれた人でした。

今はもう芝居の道から引いているので、よけいに、ね、
なんだか母親、いや、姉だな、うん、
危なっかしい弟にいつのまにか追いこされちゃった、、、
みたいな、

だって、お式から呼んでくれたなんて、、、もーね、、、
よかったよ本当に、こんなにしあわせそうで、嬉しそうで、、、

なのでそんな甘い感傷に、
いやがおうでもひきずりこまれて、しまったワケです、でへへ。

そうそう、二次会のビンゴであたし、凄かったんです。
なんとリーチ、トリプル!
なのに、ビンゴ言えずっ。(えー?!)

こんなビンゴ、はじめて。。。
いや、あたし、なぜかこのゲームだけは引きがよくて、
でっかいマッサージチェアだの、蟹しゃぶセットだのも取りましたが、
一番すごかったのは、二人目ぐらいでビンゴ!言ったら、
いきなり一等の沖縄旅行当てちまった。

場内大ひんしゅくになったということがあったので (^o^;)
今回もドキドキで、ディズニーシーペア券が当たったらどーしよう、
松坂牛もあるわっ、マズイよっ、と本気で、
当たりませんように!思ってたんです。

けどまったくそんな心配いらなかったとりぷるまでいったのに、
なぜれせう、とりぷるまでいったよ、とりぷる、とりぷる、とりぷる、、、
とまあしばらくこだまは、頭の中にありましたが、
おかげさまでさらにふかく記憶にのこる思ひ出をいただきました。

あんまりいい写りじゃないけど、
みなさまにもしあわせのお裾わけを。
           
ありがと!
おかげで元気に早起きして沼地にいけるよ。
いつまでも、いつまでも、しあわせでいてネ。


              *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-11-03 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ