劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

               *  *  *
        

あたらしい。
新しい感じ。
ずーっと探していたものが、やっとみつかったかもしれない。
ずーっと苦しかったことが、花になったかもしれない。

これが本物ならいいな。
明日になれば変わってしまうようなことでなく、
ちゃんと、
いつまでも、
自分の芯になってくれていったら。。。

そしたら、あたしは新しいあたしになれる。
今まで会ったことのない自分になれる。

どうか本物でありますように。
また自分でこわしたりしませんように。
強い、なににも負けないものでありますように。

これが本物なら、、、このための苦しさだったんだ。
このための出逢いだったんだ。
新しいあたしになるために出逢った。

あの人がそんな人でありますように。
あたしを変えるために訪れてくれた人。
だとしたらすごいこと。。。
そんな人になってくれるような、本物でありますように。

忘れませんように。
薄れませんように。
今の、これ。

本物でありますように。。。

清らかに、清らかに、
あたたかく、あたたかく、
根っこをひろげて、
やがて全部、それがあたし自身になりますように。

世界。
自分が世界なんだよ。
ね、あたし。

忘れちゃだめだよ。

本物にしていくのよ。


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-04-10 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

熱の華  

               *  *  *

うつくしいタイトルですが、そういう話じゃありません。
ヤっちまいました。
ついにダウンです。
てか本人的には、急にダウンです。

口唇へるぺすが出てしまいました。
熱の華は、その俗称です。

別に疲労していた日々でもないし、睡眠は、
まあ就寝時間は別として、帰京からこっち珍しく8時間爆睡とかできてて、
目覚めにも倦怠感もなく、体調的には元気まんまんだったんです。
なのに、なぜ。

いや、すぐに思い当たったんですほんとうは。
ストレスですね。
初めて発症した時も、とてつもない巨大ストレスに晒された後でした。
とある芝居のせいだったんですけどね。

千秋楽の上演中に、くちびるがピリピリっと痛んで、
楽屋に戻って見てみた上くちびるは、ぷゎ~っと腫れてて、
ちょっと触ったらぷゎ~がブワー!に、見る間にたらこになってヒーッ!

翌日お医者にいって、発症までの経緯を説明したら、
あー、この場合は完璧にストレス性ですね、って、
先生に明言されました。
前代未聞の地獄のような客演現場だったので、ええ、納得しました(笑)

その時に、今後も気持ちに負荷がかかると出ますよ、
って言われてたんですけど。
だから、コレが出るのは、モノホンのストレスって証明なんですけど。
今回がそうとは、、、びっくりでした。
だって、あの時に匹敵する地獄度だなんて。。。

ずっとねぇ~、同じことを考えていたのです、ここ数カ月。
考えるのやめたいと思っても考えちゃってたんですけど、
つまりそれだけ囚われてるってことだって、分かってたんですけど、
決着みないことには先にも進めなくて、
ずっと堂々めぐりになってたんですけど、確かに。

でも、へるぺすになるほどの負荷だったとは。。。(@o@)/
しかも、症状は前の比じゃないぐらい、超~ヒドいし。
痛くて笑えないし、うまく喋れないし、なんと熱まで出ちゃったし。

睡眠とらないとダメって言われて、今日は一日寝込んでたんですけど、
こっ、腰が痛くてこれ以上寝れない。。。(_ _;)
それで、こんな風にキーを打ってるわけですが。

でも、なんか、、、不思議なことに、、、今、いやされてるかも。。。

頑張ったんだよ、本当に、って。
だからもういいだろ、って。
自分をユルめてやれよ、って。

知らせてもらえたのか、って。

、、、よっぽど我慢してたんだな、あたし。

自分の愛したものが、ストレッサーに、
----ストレス要因、にね、、、なってたなんて。
ねえ。。。

なんか憑きもの落ちた的な、妙なやすらぎを得た感じなんです、
裏腹に。
頑張ったこと、証明されたな、って。

瀬戸際までやりきったってことでしょ、身体にまで出ちゃったんだから。
無理だったんだよ、どだい、仏になろうなんざ。
無理無理、ぜ~ったいむり。
って投げ出した今の方が、なんか仏に近くなってる気もするけど、はは。

ああーーー痛いっ、口がいたいっ。
が、、、、、、、、解放だー!
この、ちょいハイな感じ、は熱のせいなのかしら、よく分かんないけど、
口が痛ければ痛いほど、汚れも落ちてく気がする。
今だけかなぁ。。。

そっか。。。ストレッサーだったのか。。。

分かってみたら、ストレスじゃなくなった気がする。

もう頑張るな、あたし。
意地はるな。

明日、起きて、やりたいと思ったことを、やるのよ、素直に。
バカみたいじゃないか、身体こわしてまで、
何をまっとうしたかったんだ。

でも、こうまでならないと、手放せなかったんだ。

夢もなく、怖れもなく。
今は、また違うニュアンスで、これを思えるわ。
今だけかもしれないけど。
それもまた、よし、さ。

いつにも増してわかりづらい日記。
いいのさ、熱が書かせた自分の覚え書きだから。
……来年の今頃、これを読み返すとしたら、
そこにいるのはどんな自分なんだろう。

熱の華、ね。
今のあたしには、言いえて妙な病名かもしれない。

それは、四六時中熱に浮かされて、派手に七転八倒ばかりする病い。

あたしにはふさわしい、阿呆の華です。
決して極楽には咲かない華。

あたしは、あたし。

それでよし。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-04-03 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ