劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

聖なる、ということ  

               *  *  *

帰京して数日がたちました。
すぐにはね、なかなか文字にも起こせなくて、気持ちは。
まあ、いろいろありましたよ。

母のそばでの生活は、症状に概ね快方をみることができたので、
多少なりとも行った甲斐はあったかなと。
とともに、自分がいかに、本当の自由の中で生きていたか、
家族という集団との時間をもって、つくづく身に沁みました。

自由人なんて種族には、自分は逆立ちしてもなれない、
とても遠いものだと思っていたのだけれど、
今のあたしは立派にその一員になっていて、
そうして、自由というものが、
もはや、思いがけないほど自分の渇望するものになっていて、
それなくしては生きていけないほどの自分に、
いつのまにかなっていて、、、
そんなことをね、夜の長さの中に、思った帰郷でした。

別れ際には、いつもベソをかく母なのに、
今回はずーっと、笑って手を振ったまま小さくなっていった。
心配したんだけど、、、急にいなくなったら反動が来るんじゃないかと、
でも、なんだかヤケにシャンとした母になっていて。
あたしの方が、弟の車の助手席で、気づいたら鼻をすすってました。
コイツに弱味は見せたくないので、
もちろん花粉症のフリをしましたけど。(笑)

都会に帰ってからは、いつも通りに、
エゴ以外の何ものでもないくだらない思いわずらいで心を乱し、
苦しくて、すがりたくて、這い上がってはまた落ちて、
そんな繰り返しに、性懲りもなく戻ってしまったのだけれど。
自由って孤独だな、なんて愚かな実感を引き寄せながら。

いい加減にもう、そんなものから解放されたくて、
何を思ってもどうにもならない苦しい日々にまみれてきて、
今朝になったら急に、ちょっと違うバイオリズムを感じたので、
感じたままに、電話をしてみました。

夕べ聞いた、自分の逡巡とはぜんぜん関係ない話が、というか、その人が、
とても気になったので。
劇団員なんですけどね。
その人は、この集団の中では、あたしが一番心を通わせられる相手です。
まあ、一方的にかとは思いますが、一番深い本音を話せる唯一の存在、
なのかもしれません。

だから、その人のこれからが気になって、
噂のようにあらましを聞いただけだったけど、
それは応援してあげたいなと、心から思ったので、
個人的な電話をするなんて、そんな珍かなことをしてみました。

気が、ね、動いてた。
電波の向こうからやってくる声には、ほんの少しの疲労と不安と共に、
進むぞ!っていう太い気が、あふれていました。
生きてるんだなー、って、感じた。
あたしの電話には、その人を思うというだけの純粋しかなくて、
それが、ちゃんと伝わったのも、ちゃんとわかりました。

エゴでないことをすると、人から洗ってもらえるんだ。

そのきれいが、とても嬉しかった。
その気持ちの往還が、自分を取り戻させてくれました。
うん、あたしまだ、全部よごれてるわけじゃないんだ、って。

できるかぎり毎日、帰京以来、母に電話をしているのだけど、
今日の話の中で、思わぬことを言われてちょっと驚いた。
「おまえ、男っぽくなってたからびっくりした」
って。

その前の日の弟との電話で、姉貴、立ち居振る舞いがガサツになった、
とダメだしされていたので、げげ、そゆこと?
とビビったら、母が言いたかったことはちょっと違ってた。
いわく、、、あっさりした人間になった。

そうかぁ、、、そうなのかなぁ、、、かもね。
とくに今、執着というものを捨てよう捨てようとしているから、
よけいにそうなのかもしれないけど、
逆に、
そう言われるってことは、そうなってきているってことかな、なんて。

本人の方が自覚がないのに、さすが、腐っても母。
自分の日々の記憶は薄れていく一方なのに、
娘のことは別の目で看破するんだな。
少し安心、そんな安堵がまた、少しせつなくもあったけど。

だって、あっさりしてた方がいいじゃないですか。
だって、みんな一生懸命せいいっぱい、自分を生きているんだもの。
だって、自分のことなんて、どれほどの小さいものでしかないか。

その小ささに振りまわされて、自分でいらぬ悩みを生み出して、
あげく人さまに恨みつらみを向けるなんて、
お門違いもいいところで。。。

できるかぎり、ね、人とはしあわせに関わりたいじゃないですか。
今日、劇団のコと喋ったのも、根っこはそこのみが動機だし、
通じ合えたって思えたら、他の人にもそれ、試してみたくなるでしょう。
そうやって広げていけたら、
人は、悩みの大半は手放せるのかもしれない。
たぶん、戦争も起きないぐらい、、、かな。

だから、許すのよ。
許すなんて言葉もおこがましいぐらい、
自分ひとりの思い上がりでしかないんだから、
人を受け入れ、人を支えにすることなく、人の支えになれればラッキー、
ぐらいのところに、いつも還りたいものです。
なかなか、、、なかなか、できないですけどね。

よかった。
なんか、久々に心が晴れた。
そうね、でもやっぱり、人は人に支えてもらっているんだよな。。。
ありがとう。

田舎にいた間、毎日見守ってくれていたのは、山です。
    
この気高き神が、この町にはこうしてかいなを広げて、いるのです。
いつも、いつの日にも変わらず、ね。。。

あたしは、ここで、生まれ育ちました。
これだけは、何はなくとも絶対的に自慢できることです。
この山すそに育まれたわたしなのだから、大丈夫、
なんだかね、そんな理屈にならない誇りは、
常に鎮座しているのかもしれない、あたしの中で。

その直前には-18°を記録したぐらいの極寒の冬が続いていたのに、
あたしが帰郷した日から、一気に春めいたのだそうです。
青空にならないと、この神々しさには触れられないからね。
ラッキー。

そして、恩愛と、エールと。
いただけたのですね。。。
ありがたく、胸にきざみました。

この白亜は忘れまい。
母も、あのコも、あたしも、あの人も、生きている。
ただひたすら、よきものを目指して、一生懸命自分を生きている。
ふり仰げば、
悲しみも憎しみも、嫉妬も嫌悪も、すべて包んで真っ白に、
ただ立つ山が、そこにある。

なんたる安らぎ。
朝焼けのしずけさ、真昼のまぶしさ、黄昏の彩り、真夜中の星くずの中で、
山はただ、そこに立っているだけ。
変わっていくのは時間の方なんだよな。

不変。
そのうつくしさを思う。
少しの畏れも感じながら。
決してそうはなれないものだから、ねえ。

生きて、いきましょうね。
それぞれの場所で。
人はもともと独りなのだから、分かち合えるということ自体が、
きっと奇跡なんです。
だから、それができた一瞬は、
人は本当にきれいにいるのだと、思うのです。
その一瞬だけは、あの白亜のかいなと同じになれたかな、と思うのです。

あたしも生きていきます。
あなたも、自分を生きてください。
好きなだけ、勝手に、ひたすらに。
それでいい。

今日は心から、そう思えます。
電話、してよかった。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-03-27 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
               *  *  *

 信じられないぐらい…

楽しかったです~、らいぶ~。
こんな世界があるとは、、、もうなんて言うんでしょうか、
嘘みたいにすべてがピタッとハマって。
夢ですよ、夢。

なんかね、すごい体験しちゃったみたい。
人生ではじめて、本物のナチュラルハイになってしまったんです。

暗譜も、正直7割だったし、
もちろんナマ音でというのも未経験だし、
お客さまは手が触れそうな近さにいるんだし、
きっとざわざわしてるんだろうし、
役じゃなくて素だし、

不安要素なんて、山のようにあったんです、
それだけで死ねるほど(笑)

なのに、ぜんっぜん、ぜんっっっっぜん、
緊張も怖れも怯みも体調不調も、まったくなく、わ~♪って、
イケちゃった、最後まで。

あったのはなんと、全能感、だったんです。

だ~いじょうぶ、何でもできる、ってか失敗なんてないからあたし、
みたいな。

あんびりーばぼーです。
ものすごい緊張しい、なんですよあたし。
舞台初日なんか、舞監を殺したくなるほどぶるぶるのガタガタなのに。

なにがおきたの???

なんかね、フツーに営業してる中、当然お客さまの中で、
いきなりリハをはじめたわけですが、
ひと声出したとたんに、
ふわ~~~、っと、
自分が自分の声にのって浮いたような感じになって、
うれしい~……たのしい~……って、ぐんぐんぐんぐん、
空を上がってくような感じになって。

でも、今までで一番、落ち着いてるんですよ。
目の前の、知らないお客さま方に向かって、おしゃべりするように歌えて、
お客さまも、ふんふん♪って聞いて下さって、
やりとりというか、交流ができて。

あたしお客さま怖いんですよ、舞台では、正直言って。
なのに、なのにっ、
このいきなりの多幸感はなに~?って感じで、
豊かで潤ってて、泉のように気持ちがあふれ出す、
あたしが初めて出逢った、知らないあたしになってたんです。

なんだったんでしょう、あの自信は。

あたしはPBの中では一番声量がなくて、そこがすべての悩みの種、
元凶だったんですけど、
信じられないぐらい楽にのどが開いて、出すことがも~気持ちいいったら。
奥にあるカウンター席が待機スポットみたいな感じだったんですけど、
戻ってくるたびに、中にいる精悍な番頭さんに、
よく響いてましたよ、って言ってもらえて、嬉しくて。

MCも、やらない本番予定だったんですけど、
次のシンガーを紹介しないの、ってお客さまの声が聞こえたら、
なんだかペラペラ喋り出せちゃって、
それも全然おちつけてるんです。

松井に、りょーこさん肝っ玉すわってるんだもん、って言われましたけど、
どーもそーゆーんでもないんですよね。
緊張の挙句のひらき直りとかでなく、自然に、普通に、
空気と一体になってたから、その場で一番喜ばしいことが出来た、
っていうような感じで、自分には気負いも無理もなくって、
ひたすら嬉しいんですよね。

ただ感じていたのは、あーあたしは夜の、この世界が、
本当に好きなんだな、ということでしたね。
自分が書いたセリフ。。。

  夜になると歌が歌える
  お酒の匂いと ざわめきと 煙草のけむりの向こう側に
  人生がすわってるんだよ いっぱい
  そこで歌える
  こんないい目にあってるのよ

本当にこの通りで。

チャーリーと長いあいだ一緒にやってらした照明家さんが、
曲ごとに、こまかく合わせた明かりを入れてくださってたんですけど、
歌いながら目をやると、
才勝さんやタロちゃんがいる客席の上が、スッとひとすじ、
オレンジに染まってて、
その光の中に、紫煙のうずが動いてるんです。

・・・アンバーの帯。人影。グラスのきらめき。

あのうつくしさは、あたしは一生忘れないと思います。

とても、いい本番になりましたヨ。
遅ればせながら、
お運びいただきました皆様、本当にありがとうございました。

お客さまが包んで下さったから、なんですけどね、ひとえに。
とてもとても、あたたかい時間になりました。

池田さんも、お待ちかねの鳴海周二として復活して、
本当にお見事なエンターティナーぶりを発揮してくれて。。。
お約束どおり、ソフト帽も飛ばしましたしね(笑)
チャーリーのお茶目な指示で、二部の頭でいきなり、
ゆとりカマして見てた才勝サンとタロちゃんを引っぱり出して、
エンディングさながらに歌わせちゃいましたし。

無敵です、本番の池田ヒトシは。
大喜びで楽しんでくれていたのが、本当にうれしかった。

一番ほほえましかったのはチャーリーでしたけどね。
やっぱり、予測通り、店内をうろうろうろうろ、、、

リハの時から、カメラを片手にアングルを試しては、
カウンターに戻ってきて、はぁ~、スコッチを軽くあおったかと思うと、
また立って、ピアノの調子を見にいったり、照明の位置をズラしたり、
で、戻ってきて、今度はカウンターの中から、
あたしたちのお腹の世話を焼いてくれたり。

ひょっひょっひょ~、オレが一番緊張してるよ~、
ってもうなんか、笑い方もヘンになってるし。
みんな、アレみてユルめたかも(笑)

これからあたしは、野島さんと組んでやらせてもらうわけですが、
ミルクでのユニットとして、チャーリーが呼んで下さったベーシストは、
ちょっと、、、ものすごい人なんです。
障りがあると思うので、正しい表記を避けさせていただきますが、
たくま じんさんと仰る、
あの KUW●TA BANDO のベーシストさんなのです。
びっくりです。

とゆーか、終ってから知ったんですけど、あたしは。
もし先に分かってたら、とてもナチュラルハイにはなれなかったです。
のじけんだって、
のじけんなんて呼んじゃって普段は忘れようとしてますが、
シーナ&ザ・ロケッツや、あの伝説のA.R.Bの人だったわけですから、
ものすごい贅沢な布陣を、引いて下さったわけです、チャーリーは。

これ、大袈裟な話じゃないんですよ、
自分が怖いんで、そう思いたいンですけど(笑)
プロデュ-サ-に戻って、本気で仕掛けをして下さってるんですよね……
応えたいです。
何がなんでも。
同じ夢を、花と開かせたいです。

緊張性の強いあたしがナチュラルハイになったのも、
あの方たちのうつくしい音の波に乗せてもらえたからかもしれません。
気持ちよかった。。。
もっちゃんに、次がこわいかもね、なんて言われたけど、
でもなんか、きっとまたこんな感じになれるんじゃないかと、
確信できてる自分がいたりもします。

だって、なんか、今もって、あの感じが残ってるんですよね、
できないことは何もない、
みたいな。

で、いろいろ許せるというか、
前日までずーっと見舞われていたイライラとか、ビクビクとか、
悲しみとか淋しさとか、待つとか、痛みとか、
どっかいっちゃった。
ぜんぶ。

おんや?ほんとにい?
なんか、のんびりしてるあたし。
性格かわっちゃったかも、どっか。。。

なんでしょうね、音楽療法みたいな感じだったのかな(笑)
でもねー、ほんとに、あー自分の世界だ、って思えたんですよね。
図々しくも。
でも、図々しいなんてことすら、実は思ってなかったんですもの、
当然の場所に帰ってきたみたいな感じで、
これは芝居では得られたことのない心持ちなんですよね。

芝居はあたしを鍛えて磨くもの、歌は胎児に戻してくれるもの、
そんな感じかな。。。

今日からしばらく帰省します。
母が少し弱ってきたようで、父から電話があって。

様子を見に、母と父の空気を変えに、いってきます。
もしかするとそれは、とても重い時間になるのかもしれないけれど、
今、これを打ってて気づきました。
その為に与えられた、この多幸感だったのかも、と。

明るい家にしてきます。
きっと戻せます。
あたしがみなさまからいただいた、この透明な清らかな輝きを、
自分の家族とご先祖さまに、おかえししてきます。

不肖の長女で、すみません。
でもあたしはこんなに幸せで、それがあたしが生まれた意味なのだと、
思うのです。

歌の好きな父を前に、父を好きな母の横で、
あたしの歌を、はじめて歌ってみせようかな。
むずかしい英語の歌だけど、しあわせな気分になれるなって、
満たしてあげられたらいいな。

土曜の夜に月まで飛べて、火曜の今日は月へとみちびく。
それがいい。
あたしのフライミーを、月夜の雪国で歌ってきますね。


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-03-11 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
               *  *  *

     


三浦がたよりをくれた。


本当にこのひとは、、、いつもいつも、
ギリギリになると、かならず支えてくれる。

忘れそうになっていた気持ちを、あたしのそばに引きもどしてくれる。

さし伸べた手を、振りはらわれたことは、一度もなくて。

だからあたしも、悪いなって、、、

だから逆に、本当に痛くなってもうだめだ、って時ばかり、
甘えることになってしまい、、、

そのたび、ちゃんと抱きとめてくれる。

ぜんぜん関係ない、あたしの勝手ばかり押しつけてるのに。

・・・なんてヤツだよ。

三浦、なんだよな。
本当に、あたしの三浦なんだと思う。
なんだか、あのホンの通りになっているのが、、、なんともね。

あたしの揺らぎなんか、コーンって蹴っ飛ばしちゃって、ぜんぜん、
あたりまえなのに。

いつもいつも。。。

泣けたんだ。
読んだら、ね、とたんに、ね。
驚くぐらい、ぽろぽろと。

そうしてわかったの。
ああ、あたしは泣きたくて、あんたが恋しかったんだなって。

ワケも分からず、ワケも聞かずに、ちゃんとこぼれさせてくれるんだもん。
たかがメールの文字ごときで。

ありがとう。

いきます。

明日、うん今日ね、
早く出て、はじまる前によりたいところがあるのね。

ミルクの近くにある教会。

チャーリー、大昔、そこの聖歌隊だったんだって(笑)

鎌倉だから、寺なはずなのにね、
行きたいのはなぜか異国の教会なの。

あの、天上の高さが、ほしいのかな、今。

静かなものがほしくて。
かなり距離のある静かなものがね。

旅の人間を、そのまま放っておいてくれるような、
ひとりでなにかに包まれる場所がほしくて。

湖水のような、深いなにかを、心の中にたゆたせたくて。
ね。

・・・時間がきたら、
もう一度、さっきのたよりを眺めるね。

そうしたらきっと、春のような透きとおったものが、きっと満ちるから。

眺めるね。

それが、あなたの気持ち。

だから。

いっしょにいるって、今ここにいる誰よりも近く、座ってくれてるって、
信じて立てるから。


ありがとう。


いってきます。


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-03-08 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

石の華

               *  *  *


昨日、一枚脱いでみた。
そしたら、今日の目覚めは楽になってた。

捨てることは、まだできないけど、
とりあえずたたんで、足で、ちょっとずつ、遠くへ追いやってみてる。

どうせまた着ることになるんだろうけど、
でも今回は気持ちがちがって。
悲嘆にくれるとか、自分を責めるとか、そうでなく、
はじめて怒りがわいてきたから。

たたんだものを、上の方から眺めてみて、
ほっとこ、
そう思っている。

よろこびの音が鳴らなかったら、たぶんもう着ないな。
それを悲しいとかさみしいとか、思うことも、ない気がする。

脱いでこれだけ楽になったということは、
やっぱり相当チクチクしてたんだ。

置いてるあいだにシルクに戻ってくれてたらいいけど、
んなこたぁありえねえ。

一枚脱いで、景色は変わってみえるだろうか。
寒いと思うかな。
涼やかと思うかな。

あんまり外には出たくないな。
脱いでいるのが普通になりたいから。
いま出たら、着たくなっちゃうから。

だから、絹の肌触りは思い出さない。
ぜったい。
石の心で、その無機質をたのしむのだ。

うつくしいものが見たい。
うつくしい安らぎだけがほしい。


夢もなく 怖れもなく


イザベッラ・デステの言葉。
生涯、自分とは相容れないと思ってきたこの言葉が、
今は安らぎをくれる。

そう、怖れを抱くのは、期待があるからだ。
期待しないものになった時、
それは自分の先々に響いてくることはあるのだろうか。

些末に右往左往するのが人生と、
それは今でも思っているけれど。

夢もなく怖れもなく。
そういたいと思っている。

少し、悲しいかもしれないけれど。
悲しいのも、夢の名残り。
ただそれだけ。

夢はみまい。
ただ、ここに自分がいる。
それだけでいたいと、ただ、思う。


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2008-03-03 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ