劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

               *  *  *
   鈴歯科にいってきました。
              (もういちど言うけど鈴は英語読み)

レントゲンを撮ってもらったら、
親知らずはぜんぜんワルさしてませんでした。
前から疲れると奥歯が痛くなっていて、
もうそれは、あたし的には当たり前なことになってたんですが、
そもそもそれが異常らしい。。。

何が原因かはこれからゆっくり調べるとして、
とりあえずキンキューで診てもらった日は、
麻酔をバシバシ打たれ、グリグリ掘ってもらって、
根っこの化膿を取り除いてもらいました。

これはこれで、ものゴッツ痛かったんだけど、
ともかく、昨日のレッスンの時には、
あたしが“かなりムーミン”だったことはもはや過去、
誰にもバレずにすみました。

あのグリグリから数日、、、
でも、なんかまだ、、、
「痛いンですけど、遠~くの方で」

ベル先生にうったえると、口に手をつっこんで触診をして下さいました。
ベル先生は若くて清潔なハンサム、何ごとも簡潔明瞭、しかしそれだけに、
どことなしやることが、さでぃすと疑いたくなる感じのお方。。。

ベル先生 ここですか?
りょーこ ひがいはふ(ちがいます)
ベル先生 ここですか?
りょーこ ひがいはふ(ちがいます)
ベル先生 ここですか?
りょーこ ひがうっへ(ちがうって)
       ↑
       どうせ不明瞭なので思いきりタメ口
ベル先生 ここ?
りょーこ あい!ほーへふ(はい!そうです)
ベル先生 ここ?! ←グリグリ押す
りょーこ へ、へふほっ(で、ですよっ) ←いたい
ベル先生 ほんとにここ?! ←さらに押す
りょーこ はははほーはっへいっへんひゃんはほっ
    (だからそーだって言ってんじゃんかよっ)
       ↑
       いたくてキレる
ベル先生 ここかぁ…… ←いきなりの沈黙
りょーこ はんへふはー?!(何ですかー?!) ←不安
ベル先生 これはね…… ←なぜか言い淀んでいる
りょーこ ほひひゃ、はんほはっ?!(もしや癌とかっ?!)
ベル先生 これは筋肉痛です
りょーこ へ?

きんにくつう?
きんにく??歯ぐきに筋肉???
ええ????

りょーこ またまたぁ~。 ←口が解放されたので気持ちも解放される
ベル先生 あるんですよ、筋肉。
りょーこ で、でも、筋肉痛って、どーしたらそんなことに……。
ベル先生 まあ、山岸さんの場合、考えられるのはひとつ。
りょーこ 何ですか?
ベル先生 喋りすぎ。
りょーこ ええっ?

しゃ、喋りすぎってあんた……
あたしの何を知ってるってゆーのよっ?!
あたしだってのべつまくなしに四六時中シャベくってるわけじゃないよっ、
フツーですよふつう、むしろこんな静かな生活じゃあ、
口閉じてる時間の方が圧倒的に長いわいっ。

りょーこ だっはっはっはっは!んな馬鹿な。
ベル先生 本当です。
りょーこ でぇ~~~え?

無礼千万にも不信感まるだしの抗議の目を向けると、
ベル先生はそれも予期していたように静かに、しかし長々~と、
説明して下さいました。

バイオリニストも左下顎に爆弾抱える人が多いんだそうです、
ソコんとこでバイオリン押さえるから、
しかも演奏中はたいがい、ソコで食いしばってるから。
テニスプレーヤーなども、奥歯ぼろぼろの人が多いんだそうです。
すまっしゅっ!!が、くせもの。

というわけで、食いしばる、これが問題なんだそうで。
そう言われてはたと気づいたです。

あたし、起きたとき、確かにいっつも左の奥歯に力入ってるカモ。。。
これは職業病ではなく、単なる個人のクセですけど、
寝てるあいだの歯ぎしり、食いしばりって、
ゴッツイ力かかってるんですって。

で、問題の喋りすぎ、ってヤツは、、、

つまり、本番中でも稽古中でも、セリフを喋る時には歯に常ならぬ、
いわゆる「G」が、かかるそうなんです瞬間的に。
たとえ瞬間でも、25年もこれやってりゃあなどれまへん、
そろそろガタが来たってこと、らしいんです。

しかもあたしは、歯を食いしばる寝グセ持ち。
そんで、あたしの奥歯はもうヘトヘトさ、
なことになってるから、
身体が疲れると真っ先にそこが腫れると。。。

あんびりーばぼー。。。
まじですか????

ベル先生 マジです。(←ほんとに言った。言ってから赤面してた)

ぐぐぐぐ。。。。
なんか、本番中の「G」の話はいまいち納得できない感じだけど、
食いしばってるのは確かに発見したわ。
しかも、さも当たり前のようにサラッと言い渡されたの。

ベル先生 ですから、普段はなるべく喋らないように。

そんなー?!
そんな馬鹿なー?!

でも本気で言ってるんだよ先生。
そっ、それは無理っ。
お喋りできなくなったら、楽しく生きられないじゃないかー!

でも、本気なんです、ベル先生は。

ベル先生 ……もう一度いいますよ、普段は喋らないように。


??????????


あたしはこのひとのいふことを、いったいどこまでしんじればいいのでせう


??????????


と、ともかく、食いしばりの衝撃をやわらげるために、
とりあえずマウスピースを作ることになりました。
歯全体にカパッとはめて寝るの。
いわゆるひとつの、歯のズラ、って感じ?
なんだけど、、、なんか、、、納得できない、む~。

いずれにしてもハッキリしたことは、
数日前のあたしは、ムーミンじゃなくてスノークだった、
ってことみたいです。
吹き替えは、かの喋りの機関銃、広川太一郎。。。
好きだけどもさ、たいっチャンは、だけどもさ、
なんか納得できない。。。(-_-)      

あーそーね、スノークもズラ蒐集家だったわね。
んーよく分かんないけど、そんなズラ繋がりもありつつ……?
って・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱ納得できないー!

喋りすぎ・・・・・・・

のおーっ!
のんのーんっ!(T T)


               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-06-25 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ
               *  *  *

歯がいたい。。。(T T) 

左下顎の親知らずが、世の中に出ようとしてきてるせいかも。。。
いたいよお。。。(T T)

昨日からじんじんじんじんしてて、寝ればよくなるかと思ったのに、
起きたら顔が、左だけムーミン。
ムーミンになっちゃったよぉーっ!こっちむ~いテ♪
とか歌ってるばやいでなくっ、ああーん!

近くの口腔外科に、キンキューれみれくらはい
            注:緊急で診て下さい。もはやうまく喋れない
ってお願いしたのに、
予約取れたのは三日後。。。
だいじょうぶなんだろーか、そんなにほっといて、あたし?!
ぐっすん。
今日からしばらく流動食だわ。
ヤセていっか、
なんてのんきなこと言ってていいのかよー?

しかし、やるですっ。
とりあえず、手持ちの鎮痛剤で痛みを抑えて、
貴方と嘘のお仕事を。
てか、なんかに夢中になってる方がいいのよ忘れられるからっ。
というわけで、、、





        



今とりくんでいるのは、歌詞の和訳です。
先週末に史朗ちゃんから、日本語で内容が欲しいと言われて、
あ、そっか、そだね、忘れてた。
んで取り組んでみたのです。
和訳って言ってもね、英語がデキるオンナなわけではないので、
人様が訳した詞を集めて、それを更にフィットした言葉に置き換える、
という超裏ワザ、てか、超ナメきったやり口なんですけどね。
ほほほ。

出てくる歌は9曲、内、英語の純正Jazz が7曲。
3曲はもう済んで、この前のレッスンの時にお配りしました。
でもこれは、もともと和訳歌詞を持ってる曲と超スタンダード1曲だから、
置き換えだけで済んだのねん。
そうは言っても一つ一つ、英語辞書は引くんですけど、
すでに訳されて内容の方向が見えてるから、楽なんです。

なんでいちいち置き換えをするのかと言うと、
どうもね、正調な和訳だとニュアンスが分かりづらい感じがしてて、、、
演者の場合は特に、
かなりな超訳でも、そのままセリフとして喋れるぐらいの方が、
イメージをつかみやすいんじゃないかと思うんですね。

だから、あたしがやったのは正調な訳では絶対使わないような、
ナマな言い回しの嵐だったけど、、、なんかウケたみたい。
いや、別にウケ狙いだったわけじゃないですけど、
面白がってもらえたら、嬉しいでしョ?

でも、置き換え訳は、やっぱりやってよかったです。
どへ~?!な発見がいっぱいあって。
たとえばね、持ってる和訳歌詞では
 君を近くに感じたいから
となっていた、この原語の close を引いてみたらば、
密集した、とかぴったりした、とかいう意味になってて、あら?
これ……もしかして、
そんなお上品なレベルでなく、密着したいっ、
って言ってんでないかえ?!

あー・・・あいしー!あいあんだーすたんど!やっと分かったわっ。
いやなーんか読んでても、言葉が美しすぎる真綿に包まれてるようで、
なに言いたいんだかいまいちピンと来なくて、
まあ誘ってる歌なんだろうとは思ってたけど、
正直、メロディ重視で歌詞は大したこと言ってないんだな、
なんて思ってたのに、、、
あんびりーばぼー、、、、
そーゆー歌だったんかい。。。

てなわけであたしは、
 隙間なく肌を合わせよう (●-_-●)
としました。
さすがに、君と密着したいんだっ、では野獣だと思ったので。

これも、かなりキワどい言葉ですけド、でもたぶん、
セクシーな歌だったんだぁ、って分かってもらえたんじゃないかと思う。
この歌を担当する方も、それまでは、
なーんかお経みたいな歌なんだよなぁ、なんて、
あーいまいちノリ気じゃないのねと思ってたんだけど、
がぜん、ヤル気になったみたいです(笑)
はい、歌うのは池田さんです。\(@◇@)/

いや~、史朗ちゃんに言われてよかった~。
自分が歌ったり踊ったりする曲の世界がどんなものか、
そりゃ知らないとなわけですけど、いずれ歌詞をレンタルしてこよう、
ぐらいにしか思ってなかったんです。
でも、あたしがあたしの言葉に直したことで、
みんなの中にも、借り物でない『貴方と嘘…』のそのシーンの絵が、
くっきり立ち上がってきたみたいで。
また一歩、早く芝居の稽古したいな、って思いを、
深めてくれたんじゃないかな。

残り3曲のうちの2曲、
磯見のオジタマと、那珂村タカコちゃんに歌ってもらう曲は、
夕べいちおう完成させました。
これは厄介なのが分かっていたので、
オーストラリアに嫁にいった親友にも、和訳を頼んであります。

実はオジタマの曲は、
最初に取り組んだ時には、意味わからねえ~っ!状態だったんだけど、
他の曲をやっつけてる内に訳し方のコツが掴めたみたいで、
再チャレンジしてみたら、なんとか形にはなったみたい。。。
なにせ英語が分からないので、果たして本当に合ってるのか、
そこは流してますが、ま、いいヤね。(おいっ)

でも楽しかっタ♪
かわいくできタ♪
次のレッスンでお渡ししちゃおっかな~♪

残りは1曲……この芝居のテーマとも言うべき、
You and the night and the music
これが大変なんでつぅ。
ちゃんと訳そうと思うと、こまかい意味が、つ、つかめない。
スタンダードって、けっこうこーゆーの多いのよね、
韻とリズム重視で詞を当ててるからさぁ、もー。 (- -;)
和訳歌詞が欲しいよお。


とかなんとか言ってる内に、
予約をいれた鈴歯科(ホントは鈴は英語読み)から電話が来たわ。
明日の朝にキャンセルが出たから入れてくれるって?!
ヤッタ~!!

あおーん!今日一晩の我慢だわっ。
ってまた痛いの思い出しちゃったよ。。。(T T)
でも明日には、ムーミンがミーぐらいになるかも。
あ?う。。。
もし掘り起こして抜く、なんてオペになったら、
ムーミン通り越して、本チャンのカバになる、のか?
いやーーーーーっ!
次のレッスンは本格的に歌やるしー!
困るー!
神様お医者さまベル先生ーっ、たのんますよーっ!

どうか、大ゴトになってませんように。。。おねがい (T T)

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-06-19 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ

くらく~ら~、シてる?

               *  *  *
 

なんか調子わるい。。。
なんでじゃろ、げとげと咳の取れない風邪が、さらにコじれたか?
もう何日も、日記の更新したいよ~って思ってるのに、
ぜんぜん文章を書こうって気になれない。
平熱なのに、異様に熱いわだじ。。。なじぇー?
これはなんなのー?!これはな、んあ?
もしかして熱いんでなく、
暑い?あたし?

というわけで、オンしてみましたスイッチを、ええ、
昨夏わがやにお目見えし、冬までも快適に過ごさせていただいた、
ぴかっ!と輝く愛しのエアコンです。
したらば、ひょ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~(=@0@=)
南極の風。。。
ぺんぎんになった気持ち。。。
なんたる極楽。。。

途端に頭もクリアにはたらきはじめました。
日記もスルスル書けるってもんです。(=^0^=)v
しかし、暑かったからなのかよっ。
あたしの脳、ここ数日、煮えてたみたいです。
よかったはやく気づいて。。。あやうくのうえんになるところだったわ。

白樺林に蒼い風が吹き抜ける、
天下の高原の国信州の産のワダグジは、
いまだに、この湿気った夏に慣れることができません。
どうも脳から先にヤられるみたいです。
とうきょうっておそろしいとこだだ。(←誤植じゃありません方言です)

ちなみに夏ヤセは、生まれて一度もしたことありません。
なぜなのか。
あたしが一番知りたいよっ。

しかし、そう、
もうこんな季節になってしまったのです。
心配なのは、稽古場の室温。
なんたって、数年前の盛夏、外部の演出をしていた折、
主演女優を熱中症にしてしまった、前科輝く地下稽古場です。
今はまだ、初夏なんだけれど、
クーラーは、あるにはあるんだけれど、
10人以上で何時間も踊っていると、

 はたらけど はたらけど 楽にせられざり わがすたじお
 もうつきあいきれない (by 冷房き in りぶれ)

な、気持ちにさせてしまっているようで、
最近では入れたはずのスイッチが、勝手にオフになってたりしてます。
・・・(- -;)
クーラーも叛乱する暑い、もとい、熱い稽古場。
素敵なことネとしておきましょう。(いいのかそれでっ)

ま、そんなわけで、
キンキンに冷えたわがやでは、
今日も今日とて、週末レッスンの予習のためにDVDが流れてます。
そういえばこの前、呑み席でびっくりなことが発覚しました。

池田 や~、毎日DVD見てるんだけどね、わかんないもんだね、見ても。
石坂 まさか池田さん、ただ眺めてるだけじゃないでしょうね。
池田 え、他になにが?
石坂 なにがって、ダメですよ動かなきゃ。
池田 え?あ、そーなの?
石坂 もしかして、ビール片手に見てない?
池田 うん。
石坂 あんたテレビ見てんじゃないんだから、くつろいでどーするっ。

    石坂、爆笑。

驚きです。
なにがって、
いやみんな上手いねかなんか言いながら、
笑み満面のほろ酔いでりら~っくすしきってる池田さんにでなく、
史朗ちゃんの発言にです。
う、
動いてるんだ、
見ながら。。。
あたしも、、、
眺めてた。

くぉらーーーーっ!!(by DVD製作担当部長 木村望子)

がうっ、ちがうのよーっ!
流れを頭に叩き込みたいからなのよーっ、
動きながらじゃそれが出来ないのよーっ、
踊りに不馴れな下々の人間はまずそこからなのよーっ。

でもさ、あたしだって、テイストが分かる踊りは、
ちゃんとイケてると思うんだヨッ、
オープニングMoaninは、色っぽいねぇって池田さんも誉めてくれたもん。
100本以上の芝居こなしてきてる人なんだから、見る目は信頼できるもん、
まあ、正確さはこっちに置いとくとして(おい!)
誉めてもらうと楽しくなってくるから、
他の踊りも好きなトコ見つけよ、ってヤル気になるもん。

そなんです。
なんか最近やっと、あ、踊るの楽しいカモ♪
って思えるようになってきたです。
まだごく一部にだけだけど、ちゃんとやらにゃならん踊りにはまだだけど、
でも、もっと楽しくなりたいナ、って。
進歩、してるでしょー?

うーむ、クーラーも始動しはじめたことだし、
明日はDVD見ながら動いてみっか。
あ、問題があった!
じっ、地震?!
階下のお宅のみなさんを、無駄に脅えさせてしまう。
てか、何か破壊してしまいそうな予感。。。そこにいないのに。。。
(T T)
ごめいわくをおかけしないように、がむばりまふ。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-06-14 09:59 | ラ・ヴィータ・ローザ

愛していると言えなくて

               *  *  *
この10日の間、      
トピックは目白押しだったのですが、
あまりにも色々ありすぎて、しかも驚きの出来事続きで、
プラスとマイナスのジェットコースター状態だったせいか、
ついでに風邪までひいちゃって。。。
こんないい季節に、鼻水たれたれ咳ごほごほ……あ~(T T)

がしかし、そんな身体で人様の迷惑も顧みず、
行ってきました大事な打合せに。
舞台監督さんにお会いしてきたのです。
暮れから動いていただいていた神崎さんが、
お仕事の都合で『貴方と嘘…』の現場に入れなくなったので、
本番を仕切って下さる方をご紹介して下さったのですね。

神崎さんはスーパーバイザーという形でこれからも関わって下さり、
具体をお願いするのは、今井さん。
これぞホントの“現場監督”(笑)
なんと『貴方と嘘…』は、野島さんも含め監督が3人!
ということになってしまいました。
なんちゅゼータク。。。

照明の平松さんと、もち子さんとの5人での会席となったのですが、
この今井さんが、、、ビックリなのよぉー。
何がってスタイルよ、すたいる。
黒シャツの下に白いタンクトップ、胸元にペンダント、そしておぐしは、
ビシッ!と決めたツヤツヤの、リーゼント!
りーぜんとっ。
本物見たのはじめてかもしんない。。。

かっ、カッチョよすぎですっ 。。。(T T) ←あまりのことに涙
だって、背は高いしガタイはがっちりだし、
誰がどう見ても俳優でしょ舞監なんてうそっ、うそよっ、
この人が裏方だったら表モノはのーしたらいいのー?!
という、絵から抜け出たようなお方なのです。
前もって聞いてはいたけど、マジびっくらこいちまったです。

それでその出で立ちの通り、熱い。
熱い男でしたっ。
ロックだましいーーーっ。
しかも悶絶するほど大人の男っ。
落ち着いた声音に不敵な笑顔を浮かべながら、
 請け負った以上は何とかしますんで、ご心配なく。勝ちにいきましょう!
と言って下さいました。
なんちゅ頼もしさ。。。(T T) ←またしても涙

類は友を呼ぶ。
よい人の知り合いはやっぱりよい人。
なんですねー、もーあんぐりよぉ。
ありがと、カンちゃん!
若いのにクールで上品な明かりを作る平松君といい、
楽天団というか上田組は、人材の宝庫です。
よかったよほんっとに、去年エクスタシーに出て。

余談ですがこの平松君、
あんな暗いとこに座らせとくのもったんないっ、と思うこと必定の、
ものゴッツイ美形です。
本番直前にはぜひ、オペルームを振り返って見ることをオススメします。
(んな迷惑なことおまえがススメるなーっ)
でも平松君はオバサンが嫌い。
ああーん (T T) ←おのれに悔し涙

いや~、ちょっともう早くウチの男たちに会わせたくなっちゃったわ。
これはかなりヤバいことになるでしょう、絶対。
だってこの今井さんの存在感には戦々恐々になるハズだもん。
というのは、
今井さんには、この『貴方と嘘…』で、
実は大~きな仕事をしていただくことになっているのでス。
それはぁ、ふっふっふ~、これ以上はヒミツ!
本番を見ればこの謎が解けます。


このわずかな中で、大きな悲しみひとつと大きな喜びいくつもが、
同時にやってきた、とても振れ幅の激しい10日間でした。

時々、思う。
遅れてやってくるしあわせ、ってことを。
思いつめている時には手に入らなくて、
もうあきらめた頃になって、
ひょっこり一番欲しかったものをもらえる。
あたしにはそれが多い気がする。

一度は覚悟を決めて手放したものだから、
もらえても実感がわかなくて、
しばらく、ボーッとしちゃって、
俄には信じられないから、
何度も何度も巻き戻して、繰り返して、
それでも、夢の中のことのように、やっぱり実感がわかない。

明日になればわかるだろうか。
明日になれば噛みしめられるだろうか。
それが早く欲しいような、知るのが怖いような。
しあわせの青い鳥、って、本当はこういうことなのかもしれない。

うたかた、は、わかっているけれど、
まぼろしではなかった。
だから、時間が魔法を解かないようにと、
そればかりを祈ってしまう。

でも、やっぱり、出逢えてよかった。
この愛しき日々。
あなたに、ありがとう。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-06-08 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ