劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

しゃるうぃーだんす?

               *  *  *


レッスン3回分を撮りだめしたDVDが届きました。
木村望子さんの労作です、ありがとうもち子さんっ!
あらためて切り取られた画面で見ると……なんか楽しそうな稽古場だなぁ。
いや実際、楽しいんですけド♪すっごク♪

でも、♪とか付けてるばやいでないやまぎし。
え?こんな振りあったっけ?おんや?
っておまえー!
すっっっっっっっっっっかり、抜けてます、イロイロ。
やはり。(T T)×100

何曲やったかなぁ、
知念さん曰く、群舞はあらかた構成したということなのですが、
まったく手を付けていないのは、あと5曲ぐらい?
次回からいよいよ個人ソロのメニューも入ってきます。
てか、ここまでの時点で、実力のある人は、
すでにさりげに、群舞の中でもソロでピックアップされたりもしてます。
カッチョいいっ。

ホントは、自分がちゃんと踊る曲の振付けはこれからなので、
本来だったら、今までのは覚えなくてもいいところなんです。
でも、これからやってくる恐るべき天王山、
あたしの場合、デュオっ☆(ホントはなんて言うんだろ?二人で踊るヤツ)
に向けて、
ボクの踊りになれておいてネ、
てな感じで、知念さんは関係ない人も一緒に見て下さるのです。
分け隔てなく。
それが、稽古場を楽しくさせている大もとなのかもしれません。

もうそろそろ、絵ヅラのお邪魔にならないように、
関係ない曲は踊らないようにした方がええかいな?
なんて、踊れない言い訳立てようと目論みつつ、
しかしっ、踊るです。
今まで以上に本気でっ。
今まで以上に本気で痩せるためにっ。(そこかよ)

あのね、もーね、言いたかないけど、DVD見て、
ショック死しました。
始まっていきなり。
20分間ぐらい。
踊れなくて。
だけじゃなく、
てかハッキリ言ってそんなこと後回しな感じの恐ろしい再発見に見舞われ…
それは、
んじゃこのデカさはーーーーっ!?

あたしのからだのはなしです。
更に成長してるしー、ってちょ、ちょっと待て!
こっ、これっ・・・メンバー全員に配られたのよね、てことはこれ、
みっ、みんなっ、見てるのね、
しかもあたしがチョロチョロチョロチョロ映ってるところが場所的に大事な振りの最中なのでみんな何度も何度も巻き戻して、見てる、はず……
嗚呼ーー!
っまいがー!っがーーっがーーっがーー…(横浜の空に響く悲しいこだま)

マジで号泣です。
いくら映像は実物より肥えて見えるからとて、
そんなもの言い訳にもならない、巨体通り越して、女だてらに巨漢・・・
きょかんだったあたしっ!
そりゃ、石坂さんが真顔で心配するわけです。
あまりの醜さに、ホント、まったくご飯がのどを通りませんでした。。。
よいことです。

復活するのに丸1日かかってしまひまひた。
そんなワケで、ちょっとぶるーなやまぎしです。
だからね、お、踊らないとっ!

でも、ホントにみんな頑張ってるんです。
覚える必要のない人も、毎回通ってきて下さる。
義務とか義理とかでなく、意志で。
それ、すごく大事。
なんたってチーム知念だから。
みんなで乗り越える、みんなで楽しむ、
それが知念さんが目指されていることだから。
それを、全員が分かってくれている。
べつに、そうして下さいねなんて、一言も言ってないのに。
すごいよね。

正直、あまりの覚えの悪さに、自分にムカフンになったり、
情けなくって泣きたくなったり、デキる人見てパニくって凍ったり、
みんなそれはあるのだけど、
でも、なんだか悲愴になることは、誰もない気がしてます。
それが素敵。

次のレッスン、みんなトルク上げてきたら、怖いだろーなー。
てか絶対上げてくるよね。
でも、これは言い訳ではなく、まだ半年以上もあるのですから。
いいんです、ゆっくりで。
出来ないことに焦るのではなく、出来ない中で、面白がって一つずつ、
進んでいくことって、決して知念さんの思いから外れてないと思う。

あたしは自分の場だから、こんなこと言ってられるのかもしれないけど、
男性なんてよけいに、出来ないとか言いたくないだろうし、
キめたいと、そりゃぁ思うと思うけど、
あたしたちがやるのは競技じゃなくって芝居ですものね。

どの現場でも、稽古場で不様をさらけ出すことがどれほど恐怖か、
たいがいそこでカッコつけて誤魔化してしまって、
本物の自分の場になるまでに、どれほどの時間がかかることか。
それを思うと、この稽古場は本当に素敵だと思う。
だって、劇団じゃないんですヨ。

どの人も、どの人にも素直なところでいられていると、
眺めていると感じる。
まだ3度しか会ってないのにね。。。
そうして、4度目にはもっと結びあっていることが、今もう分かる。
この人たちと、7ヶ月間。。。春と、夏と、冬。

何にも代えがたい、贅沢、させてもらってます。

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-05-20 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ