劇団離風霊船 山岸諒子の徒然をつづる雑感ノート 「ラ・ヴィータ・ローザ」です


by rosegardenbel
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ユルめ~ユルめ~

               *  *  *

眠れなくなっちゃった。
余韻があとを引いちゃって。。。
って、色っぽい話ではありません。
色っぽい話、を書き終えた余韻です。

はいー、とりあえず皆さんにお渡しする二稿が(ホントは9稿)
形になりました~。
自分締めきりは9日未明だったので、
夕べからのピッチの良さに我ながらびっくり、
あれよあれよとシーンが繋がって、気づいたら終ってた。

12時間ぐらい前の知念さんとのお電話では、
ぎっ、ギリギリまで上がらないかもしれません、
てか、お渡しするのは途中までになっちゃうかもしれません、
なんて、甘えて泣き入れてたのに、
人間先のことは本当に分からないものです。

この二ヶ月でふいに頭に浮かんだ言葉たちをメモっておいたのが、
効を奏したみたい。
断片だったのに、入れてみたら繋がっちゃって驚いタ。
何が嬉しいって、人物が立ったのが喜びなのよねー。
話が格段に深くなった気がする。
気、だけかもしれないけど。(- -;)

どーなんだろ、
知念さんに出された宿題は、自分なりに全部書きこんだつもりなのだが、
ネックだった人物の芯を見つけられて、
コレちょっといいセリフなんでないかえ?なんて思える言葉も見つけられ、
しかし、
ちょっとまだ弱いなぁという描写もありつつ、
無駄にページ数増やしただけのような気もまた、ありつつ。。。

乙女心はフクザツなのね、うふ。
あーでもよかった、目処立ってどーーーーーっ(安堵のため息)
マジで初日にホンが出来てない夢にうなされたもんね、一昨日なんか。

まあ、今度は残りの二日間で、削ぎ落としに入るわけですが、
さすがに今日は、もうやめれ、あたし。
週末からは、この贅肉体にはハードにもほどがあると泣き入るに違いない、
想像を絶するワークが待っているのだしー。
調子こかずに身体をいといなはれ。

正直、もう怖くて怖くて怖くて怖くて。
コレが、目の肥えた出演者にじっくり読み込まれてしまうのかと思うと、
こんなホンつまんなくってできっかよっ、
と思われたらのーしよおーーー、という恐怖が、
払っても払っても頭に浮かびます。
それでこんな風に日記を打って不安解消したくなってるわけです。

二稿は初日までに渡して下さい、出演者の志気が上がると思いますよ、
とは、
知念さんが仰って下さったお言葉だけど、
それで志気下がっちゃったらどーすりゃいいんですか、
と、さっき思わず知念さんに雄叫んでしまったわ。
電話だから。
声でかいからアンタ。
反省。m(_ _)m

と、
ぐだぐだ書いてたらだんだんユルんできたわ、よかった。
ここはひとつ、素直に自分を誉めてやって、ご褒美に、
チョコパイ1個食べて寝ます。(←この油断が身体を重くするのよっ)
あ、久々にニュースも見ちゃおう。
ここ1週間、耳の奥で鳴りっぱなしの“枯葉”を、
違う音声というほうきで掃き出さないと休まらないよ~。

とてもいいホンになったと思うの。
とてもいいホンになったと思うの。。
とてもいいホンになったと思うの。。。
ほとんど睡眠学習な感じで自己暗示かけて、次への活力にするのよっ。
でもね、このホンを書く喜びは、本当に大きいものね。
しあわせです。

嗚呼……起きたらクリアな目になって、余分が見えていますように。
むにゃむにゃ。。。zzzzz

               *  *  *
[PR]
by rosegardenbel | 2007-05-07 00:00 | ラ・ヴィータ・ローザ